R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
中古リフォームと注文住宅はどちらがお得? 投稿日:2018年04月10日

家の購入を考えている人にとって中古物件をリフォームするのか、注文住宅を購入するのか、どちらがお得なのかということは気になるところですよね。

両者には一長一短があり、場合によってもどちらがお得かは変わってきます。
今回は中古リフォームと注文住宅のどちらがお得かを要素に分けてご紹介します!

・安さはリフォーム
お得かどうかを直感的に理解するための指標としてはやはり費用が一番わかりやすいですね。
場合によりますが、基本的には中古物件を購入してリフォームをするほうが注文住宅よりも安くなる傾向があります。

中古物件は建物代と土地代が込みで販売されていることが多く、年数にもよりますが、建物は建築時の半額以下で買える場合もあります。
リフォームは、予算を越えないように部分的にリフォームをすることも可能ですので、その点も考えるとリフォームのほうが安くなることのほうが多いと思います

・安心感
安心感では注文住宅が上を行きます。
注文住宅であれば最新の耐震設計や耐火設計や基準にもとづいて建てられますので、安心という観点で見れば注文住宅は圧倒的と言えます。

また断熱などの技術も近年は飛躍的に高まってきていますので、その点などからお安心で快適に過ごせる可能性が高いのは注文住宅でしょう。

ただしリフォーム物件の場合も補強することは可能ですが、費用も工期もかかってしまうので、あまりお奨めできません。
もしも中古物件をお考えの場合は2000年以降の物件をおすすめします。
阪神淡路大震災を受けて、耐震基準が変更されているので、これ以降の物件はそれ以前の物件よりも安心感はあります。

・自由度
自由度の観点からは圧倒的に注文住宅が上です。
中古住宅をリフォームする際には、絶対に動かせない柱や壁があり、ある程度の制約がつきます。

注文住宅であれば、その点も含めて設計してもらえるので、自由度が高いと言えます。
またリフォームは既存の建物を利用しているので、新築よりも工事が複雑化してしまい、工事が長期化しやすいという側面もあります。

以上の点を考慮すると、ある程度予算がある方には注文住宅をおすすめします。
やはりリフォームをしたといってもベースは中古物件ですので、腐食が進んでいる場合などがあります。

またご自身の希望を叶えやすいので、愛着もわきやすいと思います。

逆に予算がそれほど高くない人にはリフォームがおすすめです。
リフォームもある程度の自由はききますので、建築士と相談しながら理想的な家を目指すこともできます。

ご自身にあてはまるのはどちらだったでしょうか?素敵なお家と巡り合えるといいですね。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ