R+house 安芸・東広島

ブログ

机上では測れない気密性 ~広島の注文住宅~ 投稿日:2022年09月13日

こんにちは!渡邉です(‘ω’)ノ

現在建築中のお家に断熱材が入りました☆

しっかり気密性を取るために、少しの隙間も気密を熟知した大工さんが埋めていきます♪

高気密高断熱のお家づくりを目指している方であれば

UA値、C値はご存じだと思います。

UA値…断熱性能を表す数値

(広島でHEAT20のG2グレードの場合0.46)

C値…気密性能を表す数値

(しっかり高気密であれば1.0以下)

どこの住宅会社もUA値は自信を持って提示してるところが多くあります。

なぜかというと、UA値に関しては計算で出せる数値だからです。

しかしC値に関しては毎回実測しないと出せない数値です。

1棟1棟C値は異なります。そして施工技術によっても異なります。

C値が高くてもUA値が低いから大丈夫??

いいえ、そうではありません。

UA値はあくまでC値が0の時の数値。

UA値が0.46であっても、C値が2.0であれば、実際のUA値は0.56になってしまうんです。

高気密高断熱のお家を建てたい方は住宅会社に行ったらまず、

過去のC値測定実績を確認させてもらいましょう。

そして契約の際は、気密測定実施を必ず約束してもらいましょう。

ページ先頭へ
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
2021年度:100%
【供給目標】
2025年度:100%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
2021年度:100%
【供給目標】
2025年度:100%
ページトップへ