R+house 安芸・東広島

ブログ

敷地を読む 投稿日:2022年03月25日

こんにちは

寒くなったり暖かくなったりで、花粉がやばいというお話をよく聞きますが

皆様いかがでしょうか?

さて、今回タイトルの通り敷地や環境について書かせて頂きます。

この度、これから建築打合せが始まるお客様の土地を建築家の方と一緒に

敷地や環境の確認をしてきました。

これって当たり前のことだと思いますか?

この環境調査・・・結構深い意味があります。

言ってみればプランを作る時、敷地の形とグーグルマップがあれば

なんとなくイメージ出来てその土地にあうプランは出来るのかなと思います。

後は建築基準法など調べて問題がなければOKですかね?

ですがこんな感じでざっくり場所と金額とプランで選んだ時に

こんなことがあると残念ではないですか。

選んだ土地の周りに変わった人が住んでいた・・・

見に行った時は気づかなかったけど風の抜けが悪い・・・

ゴミステーションが遠い・・・

日影が多く、少し暗い・・・

動物がしっこやうんこをすぐする・・・

建築家と環境調査に同行して大切だなーと思うのは、感じる!

そこの土地でどのような暮らしをして、どのようなコミュニティーが生まれて

どのように年を重ねていくか・・・感じる!

建築家の思いがイメージとして生まれる瞬間です。

この瞬間を大切にしないとその後出来ていく家に

魂が宿らないような気さえしてきます。

かなりオーバーでオカルト的な要素かもしれませんが、

何千万も出して建てる家に愛着が生まれないともったいないですよね。

造る側の人間も一生懸命頑張っていますが、みんな生活があります。

その中でも妥協せずに造る、そこには思いがないと

モチベーションは続かないと思いませんか?

家を建てるという事は夢だと思います。

けっして作業にならないようにこれからも取り組んでいきたいと思います。

ページ先頭へ
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
2021年度:100%
【供給目標】
2025年度:100%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
2021年度:100%
【供給目標】
2025年度:100%
ページトップへ