R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
夢のマイホームで子育てを!子育て向きの注文住宅の間取りの考え方 投稿日:2018年02月15日

皆さんこんにちは。
夢のマイホームで子育てしてみたいという方は沢山いらっしゃると思います。
ですが、子育てに向いている住宅や間取りはどのようなものかを理解されている方はなかなかいらっしゃいません。
そこで今回は、子育てしやすい間取りの考え方をご紹介いたします。

【子育てのための間取り】
○玄関を広くする
玄関を広く確保することで、ベビーカーの出し入れが簡単になります。
また、お子様が増えた時にも、玄関が広いと靴を置いておける場所が広くなり便利です。

○リビングとダイニングを繋げて広くする
リビングとダイニングを繋げることで、お子様の遊び場を広く取れます。
また、オープンキッチンをダイニングのそばに配置して、リビングまでのぞけるようにすることで、料理をしながらでもお子様の様子が見られます。

○大きい子ども部屋をひとつ作る
大きい子ども部屋をひとつ作り、お子様が増えてもリフォームで仕切れるようにしておくと、幼い頃は広い自室で遊べて、成長とともに個人の空間も提供できるのでおすすめです。

○リビング階段
リビング階段とは、文字通りリビングに作られた階段のことです。
リビング階段にすることで、お子様が自室に行く際に必ずリビングを通るようになります。
思春期や反抗期で少し心配になる時にも、リビング階段にしていれば、お子様の様子も見られるので、安心感もあり、自然と会話も増えると思います。

【子育ての間取りを決める際の注意点】
次に子育ての間取りを考える上での注意点についてお話いたします。
○お子様の意見も聞く
いくらお子様のことを考えても、お子様本人が住みやすいと感じなければ意味がありません。
お子様にも要望を聞き、積極的に取り入れると良いでしょう。

○ご自身の要望も考える
子育てをされるのは親御さんであるご自身です。
自分たちが落ち着いて子育てできる環境を作ることもお子様の子育てに繋がると思います。

今回は子育てしやすい間取りについてご紹介いたしました。
間取りを少し工夫するだけで、子育てに向いたマイホームを実現できます。

今回の内容を参考に、注文住宅を設計していただけると幸いです。
そして、子育てしやすい注文住宅をお考えの際には当社にご相談ください。
お客様ひとりひとりに合った家づくりをいたします。
まずはお気軽にお電話ください(*´ω`*)

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ