R+house 安芸・東広島


ブログ

人気のパントリー!その種類を紹介します♪~広島・東広島注文住宅での家づくり 投稿日:2021年09月18日

人気のパントリー。

食材やストックを貯蔵することができますし、

スペースによってはトースターなどの調理家電や

ごみ箱を収納することもできますね。

そして、その種類は大きく分けで2種類あります。

|ウォークインタイプ

ウォークインクローゼットと同じく、

中に入り、歩くことができるパントリーです。

□メリット

ウォークインタイプで広いスペース取ることに

よって、収納をひとまとめにでき多くのストックを

ひとつの場所で管理することができます。

また、ひとまとめで管理していることで同居している

家族にもストックの場所が分かりやすくなることで

家事の分担も楽にできそうです。

□デメリット

ウォークインの場合、広いスペースが必要になりますし、

上手く管理できない場合や食材などをストックしない人は

そのスペースがムダになってしまうことにもなりかねません。

また、湿気がたまらないようにも注意が必要です。

|壁面型

キッチンの背面などにつくる壁面型の

パントリー。

スライド式の引き戸や折れ戸で隠す収納にしたり、

飾るようなオープンにするパターンがあります。

□メリット

ウォークインに比べて省スペースであることと、

キッチンの背面にあることで家事動線がスムーズで

あるということ。

食材や調理に関係するものだけを置いたりストックする場合は

壁面タイプでもいいかもしれませんね。

また、扉をつけると生活感をうまく隠すことが

できるところも◎です。

□デメリット

ウォークインと同じく、スペースが必要になることと

湿気には気を付けなければいけません。

また、見せるオープンタイプのパントリーに

した場合、どうしても目につくので

きれいに片づけておかなければ…と

気になるかもしれませんね。

個人的にいいなぁと思ったパントリーは

壁面パントリーで、炊飯器やトースター、冷蔵庫まで

隠せる引き戸付きのパントリー。

炊飯器やトースターなどの家電っていくらきれいにしても

生活感出がちだと思います…。

それを隠せるならよりリビングのインテリアなどの

邪魔にはならないし、急な来客でも焦りません。

(焦るのは片付けが苦手な

私だけかもしれませんが…💦)

|まとめ

パントリーは大量にストックすることができる上、

それをきれいに収納できることもできます。

それからコンセントを設けておくと家電を置くことが

できるのでより便利に使うことができます。

大量買いするタイプの人やきれいに整っている

収納が好きなひと、お料理やお菓子づくり、パンづくりが

好きで道具がたくさんある人、そして家族と家事を

分担する人などにパントリーはぜひおすすめです。

あなたはどんなパントリーにしたいですか?

ページ先頭へ
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:80%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:80%
ページトップへ