R+house 安芸・東広島


ブログ

ペットと暮らしたい、けど無垢の床も諦めたくない~注文住宅で犬や猫と暮らす~ 投稿日:2021年09月5日

自然な素材の無垢材を使いたい!けれど、

犬や猫と暮らしている、もしくは暮らす予定の人は

傷とかいろいろ気になりますよね。

加工がされていない無垢は特に傷が付きやすく、

ペットに粗相をされるとにおいがしみつく恐れもあります。

でも、どうしてもマイホームでしたいことの夢の中に

犬や猫を飼いたい、そして無垢の床を取り入れたい!という

ものが2つ混在するときは、この問題は避けては

通れないことでしょう。

そこで今日は無垢材を取り入れながらペットと暮らしたい人のための

掃除の方法やおすすめの床材などを紹介したいと思います。

まず、避けては通れない粗相関係。

犬の場合、トイレを教えても成功するときと失敗するときがあるし、

猫の場合でも上手にトイレが成功するとも限らないし、ましてや

オス猫の場合はスプレーというマーキングをしますよね。

しかもにおいが独特なのです…😥

すぐ拭ける状況なら良いのですが、無垢の床にしみ込むと隙間に入り込み、

もしかするとにおいもついてしまうかもしれません。

■粗相をしたら?

その場に出くわしたらとにかくペットシーツなどで

すぐに吸い取ります。

においが気になる場合はクエン酢酸がおすすめのようです。

使用直後は酸っぱいにおいがするようですが、

次第に気にならなくなるようですよ。

次に、粗相のにおいはいずれなくなるにしても

フローリングの傷はそういうわけにもいきません。

特に犬は猫と違い爪がずっと出ているので

歩く度に傷がつく可能性があります。

こんなふうに傷だらけになるのに

何か月もかかりません。

しかも犬の場合気を付けなければいけないのが、

フローリングで滑ってけがをしてしまう恐れがあったり、

股関節形成不全になったりもするそうです。

■ペットが床で滑らない工夫

絨毯などの敷物を敷いてしまうのがおすすめです。

毛足の長い絨毯は爪がひっかかってしまう可能性があるのですが、

コルクや毛がないマットだとそれほど影響もないかと思います。

その他、滑り止めワックスを塗るという方法もあります。

無垢材は色も硬さもそれぞれですが、

汚れや傷を気にするなら

・竹

伸縮性が少なく、消臭効果のある竹。

滑りやすいですが手入れはしやすそうです。

・アジアンウォールナット

濃い色なので傷が目立ちにくいのが◎。

その他、オークやバーチカバなどもペットと暮らす人に

人気だそうです。

無垢材をお家に取り入れたとしても、工夫次第では

ペットと楽しく暮らすこともできます。

傷も汚れもその子と過ごした大切な思い出や味になるのですから、

それもまたいいですね。

それでは今日のお話はおしまいです。

では、また。

ページ先頭へ
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:80%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:80%
ページトップへ