R+house 安芸・東広島


ブログ

戸建て・マンション関係なく楽しめる~初心者でも成功するハーブ菜園のすすめ~ 投稿日:2021年08月12日

もうすぐお盆休みですね。

週間天気はあいにくの雨模様で、

何をして過ごそうか悩みます。

さて、今日はお家時間を楽しくするシリーズとして、

お部屋の中で楽しめるハーブ菜園をご紹介したいと思います。

ハーブはお料理に使えるだけではなく、虫よけにも

なるのでキッチンのちょっとしたスペースで育てるのがおすすめです。

まずはどんな種類のものが室内に向いているかを

見ていきましょう。

|バジル

一番手軽に始めやすいのがバジルです。

丁度今頃が収穫時期ですので、今から植える場合は

種ではなく苗のほうが手っ取り早いと思います。

今植えたとしても10月頃まで収穫できますよ。

苗はだいたい200円程度で手に入ると思います。

|ローズマリー

お肉やお魚と相性が良く、少量で良い香りがします。

ローズマリーの中でも直立して育つものが見栄えがあって

おすすめです。

|ベイリーフ

乾燥させて煮込み料理に使うのがおすすめの

ベイリーフ。

こちらは生花でもいい匂いがします。

ちなみにベイリーフ=月桂樹と思っている方も中には

いるかもしれませんが、厳密にいうと間違いです。

ベイリーフはニッケイ属なのでどちらかというと

シナモンの仲間です。

ちなみにローリエは月桂樹のことです。

なんだかややこしいですね。

ただ、ベイリーフは大きくなるので

お庭がある方は大きくなるとプランターから出して

地植えへ植え替えてあげたほうがいいかも

しれません。

|タイム

タイムにもさまざまな種類がありますが、

私はその中でもさっぱりとした香りのレモンタイムがおすすめ。

レモンの代用品としても使えるのでお料理だけではなく

製菓材料としても◎。

また、さっぱりとした清涼感のあるにおいが苦手な

ゴキブリ対策にも向いています。

|ミント

ミントは好き嫌いが分かれると思いますが、

好きな人はミントティーやモヒートが手軽に

楽しめるので家庭にあると重宝します。

そしてこちらもゴキブリ除けに◎。

私はガムで使用されている以外のミントは

苦手ですが、虫除けに植えたいです。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

植え付け時期や育つ環境が同じものは

寄せ植えで楽しめるハーブ。

料理に使う以外でも乾燥させて飾ったり、アロマにしたり、

ポプリにしたり、ハーバリウムとして楽しんだりと

色々な用途に使用できます。

私は料理が好きなのでそれに使いたいのと、

虫よけに期待したいのでそれに適したバーブを

植えたいと思っています。

その他にももやしやスプラウトなんかも

試したいな~✨

まだ続きそうな外出自粛の期間を長く楽しむ

アイディアとして皆さんもいかがでしょうか。

ページ先頭へ
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:80%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:80%
ページトップへ