R+house 安芸・東広島


ブログ

自分たちに合った収納スペース~広島・東広島注文住宅での家づくり~ 投稿日:2021年05月11日

皆さんこんにちは!

一昨日は母の日でしたね。

仕事から帰ると好きなケーキ屋さんのケーキが用意されていたので

うきうきしながら食べました(笑)

自分の母には渡せていないので、来月の父の日にまとめて

何か贈り物をしようと思います(*‘∀‘)

さて、突然ですが皆さんはどれくらいのモノが家にありますか?!

…というのも最近子どものものと夫婦の趣味のものが増えすぎて収納に困っています。

私のものでいうと、漫画、小説、大判の本、画材、バイク用品、ゲーム、手芸用品etc。

本棚は天井まである大きなサイズのものと重ね置きできる蓋つきのケースとに

入れているのですが全然足りない(笑)

本はデータで買うほうがスペース的にもいいのは分かっているのですが

紙をめくる感じやにおいが好きでどんどん買ってしまいます。

その他画材で言うと新しいペンが出たら買ってみたり、スケッチブックもサイズ違い、紙の種類違いで

揃えたり…。

他の趣味のものも同じくどんどん増やしてしまうのですよね(;’∀’)

うちの家族はお互いの趣味のものに干渉しないという暗黙の了解があるので

ついついあれもこれもです(笑)

我が家は結構荷物があふれる家な方だと思いますが、

じゃあ新築を建てたりする上で収納に必要なスペースって一般的に

家のどれくらいの割合で考えたらいいの?!と思いませんか?

ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、

住宅では「収納率」というものがあるようです。

「収納率」とは書いて字のごとく、一般的に住宅の床面積を占める収納面積の

こと。家族構成や生活様式によっても異なるが、例えばマンションでは

収納率が8~10%、一戸建て住宅では13%程度が基準とされているそうです。

ちなみにある研究結果によると収納で満足できるのは約12%から

だと言われています。

もちろん、収納率だけよくても使いにくかったら全然意味ないですよね。

家族がどんな生活スタイルでどの場所に収納を作るのがいいか

本当に人によって、その家族によってそれぞれだと思います。

自分たちに合わせた間取りももちろん必須ですが

生活に合わせた収納をどこに作るかもかなり重要だと思います。

弊社の施工した例でいうと、

こちらは畳の下に引き出し式の収納があるのと、奥の畳には取っ手がついていて

そちらをひっぱると畳下が収納になっています。

他には、

奥に見えるのが主寝室への扉で、その手前にゆったりとした収納スペースが

あります。

こちらに家族分の洋服がまとめられるので各部屋に服の収納棚などを置く必要が

なく、広く使うことができますよね。

そしてこちらは1F部分に収納をまとめた例です。

非常に見えにくくて申し訳ないのですが、奥にちらっと見えている

グレーの部分が土間です。

玄関を開けてすぐ靴のまま収納スペースへ行けるので

汚れた衣類や荷物などをさっと置くことができ、便利です♪

2Fのキッチンスペースの収納はこのようになっていて、

見せるところ、隠すところをうまく利用し、楽しみながら収納を

することができます。

キッチンで言えば、

こんな感じで大容量パントリーも定番ですね。

これはあったら本当に便利。

100円均一の収納BOXなどと組み合わせてもかなり使いやすい

ですよね。

私個人的には壁一面の本棚なんかが憧れます…✨

だだし日当たりを考えないと本が焼けちゃうので注意が必要ですけど。

最後に、家は住む家族によって十人十色なので

自分たちが一番くらしやすいのはどんな家なのか、

収納はどれくらい必要かなどを

じっくりと考えて楽しみながら家づくりを

進めていってほしいと思います。

(梶並)

ページ先頭へ
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:80%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:80%
ページトップへ