R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
敷地調査で判明‼ 投稿日:2017年09月26日

本日は敷地調査に行ってきました。

建て替えを考えられているお客様の、古家付きの土地の場所と状況を確認してきました。

何をしたかというと、土地の大きさをザックリ測り、建ぺい率と容積率を照らし合わせて、どのくらいの大きさまで建てれるかを検討したり、全面道路の状況を確認して、工事をさせていただく場合スムーズに材料を搬入できるか、頭上に障害物がなくレッカー作業できるか、などなど確認しました。

また、ご近所の方にも色々な情報を頂きました。

そこで前面道路について、少し気になることを耳にしましたので役所に聞きに行きました。

それは、下図のようなことなのですが、

ココと書いてあるお家を調べに行ったのですが、

青い車線から奥が、位置指定道路(私道)で、その手前直角に曲がってるのが町道ですが、青い車線の部分は町が管理している道路なのに、町道ではありませんでした。

では青い斜線の部分は何って感じですが・・・

答えは・・・

すぐに出ないので後日連絡するという事でした。

気になる~  (”Д”)

昔の建築基準法って、こんな感じで建築しても問題なかったのですかね?

また青い斜線の奥のお家(空き家)は、前面道路が私道なので、

売るに売れないのだと話されていました。

下水が引き込まれてなく、浄化槽だったので、引き込み工事を道路の持ち主にさせて貰えないので、不動産屋が嫌がったのかと推測しましたが、場所は良い所なのですぐにでも売れそうなのに?

後は、位置指定道路は私道ですが、日常的に利用する人は所有者の承諾がなくても通行できますが、トラブルもよく耳にもします。

通行のトラブルは勿論、私道にはみ出した植栽、メンテナンスの費用、路上駐車等々・・・

私道負担付の敷地を購入する際は注意が必要ですね。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ