R+house 安芸・東広島


ブログ

水道管が凍結しました~広島・東広島での家づくり~ 投稿日:2021年01月14日

こんにちは。

昨日今日と寒さが少し和らぎ、

冬の束の間の休息を感じています。

本当に早く春になるのが待ち遠しいですね。

この「本当に」というところは特に声を大にして強調したいところなのですが、

なんせ今年は朝にカーテン開けたら雪景色!というのが連日続きました。

「八本松はほんまに寒い」と地元の人が

口を酸っぱくして言うのを身をもって体験したのです。

私は兵庫県から広島県へ2018年に引っ越してきましたが

ここ2年は寒さがそこまで厳しくなかったので

正直油断していました。

氷点下が予報されていた1月8日に

初めて水道管が凍結してしまったのです。

(↑まさしくこういう感じ)

その日は3連休の初日で

家族全員が家にいるという状態。

非常に困りました。

「まぁでもお昼すぎには溶けるやろ」

と楽観しておりましたが

その日は一日中水が出ず…。

とりあえず3連休だし(私は出勤予定でしたが)

明日を待ってみよう。

ということで次の日。

もちろん朝は水が出ません。

しかしその日は日中の気温が上がるということで

お昼頃日が照るのを期待してとりあえず

お風呂(天然温泉ホットカモ)に行くことにしました。

→お風呂にも入れなかったしとりあえずトイレにも行きたかった…。

そして13時頃にやっと水がでました。

いや~、本当に長い1日半でした。

特にトイレとお風呂は困りましたね。

こんなときお風呂の残り湯を流さずに

溜めておけばと後悔しました。

ちなみに1月12日も水道管凍結により

臨時休業していたお店などもあった

ようですし、東広島の公式ツイッターでは

このように節水してくださいとの

ツイートがありました。

市が指定している水道業者さんもありますので

水道管の破裂などのトラブルの際には

こちらにご連絡するとよいかもしれません。

また、水道管が外気温が氷点下になると起こります。

特に-4℃以下は危険です。

(ちなみに自宅が凍結した日の最低気温は-4℃の予報でした)

氷点下の予報があった日は夜間水をちょろちょろ

出しっぱなしにするのが一番安心ですよね。

水が動いている限りは凍結する恐れはないですから。

あとは水道管にタオルを巻いて保温したりするのも

効果的です。

しかし自宅マンションは保温の措置がされているのに

凍りました。

やはり夜間の水出しっぱなしが一番凍結防止になるのかも

しれません。

とにかく水道管凍結を未然に防ぐためには

・夜間の水出しっぱなし

・水道管の保温

凍結してしまった場合は

・凍結部分をドライヤーやカイロなどで温める

 (熱湯をかけるのは水道管破裂の恐れがあるためNG)

ということしかできません。

もし水道管が破裂してしまった場合は大元の止水栓を

閉め、指定の事業所等に速やかに連絡してください。

夜間の水出しっぱなしで水道料金が心配される方は

バケツなどにその水を溜めて洗濯などに利用されると

よいかと思います。

今日は西・東日本では3月並みの陽気になるようですが

まだまだ冷え込む日もありますので

皆さんも十分ご注意ください。

(梶並)

ページ先頭へ
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:80%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:80%
ページトップへ