R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
注文住宅の間取りでこだわりたいポイントは?広島市の専門店が解説 投稿日:2019年11月27日

注文住宅の間取りでお悩みの方はいらっしゃいませんか?
注文住宅において、間取りはこだわりたいと思われている方も多いと思います。
しかし、その自由度の高さゆえに、間取り決めをすんなりと決められずに悩んでしまう可能性も高いです。
間取り決めは、生活のしやすさや家族の希望なども考慮する必要があり、重要なものです。
そんなとき、実際の間取りの例を知っていると自信の間取り決めの手助けになるでしょう。
そこでこの記事では、注文住宅での間取りについて、オススメできる具体例をいくつかご紹介します。

□注文住宅でオススメの間取りとは

具体的な目的によって、取り入れたい間取りも変わってくると思います。
例えば、家族との触れ合いを大切にしたい場合は、間取りに吹き抜けを配置し、開放的な空間の使い方がオススメです。
また、動線に無駄がない間取りは、日々の生活の暮らしやすさを高めてくれるでしょう。
ここからは、間取りに取り入れることをオススメする具体例をご紹介していきます。

*対面式キッチン

食事を作る時間は、家事の時間の中でも多くを占めています。
そのため、必然的にキッチンに立つ時間も長くなるでしょう。
もしリビングダイニングキッチンであれば、ここでオススメするのが「対面式キッチン」です。
対面式キッチンであれば、料理や、その後片付けをしながらリビングにいる家族との会話を楽しめます。
独立型のキッチンで感じてしまいがちな寂しさがなく、家族との触れ合いが増えるためおすすめです。

*ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットは、通常のクローゼットとは違い、室内に歩いて行けるスペースを持っています。
着替えをそのスペースで行えるため、衣服がほかの部屋から見える場所に散乱しにくいでしょう。
また、玄関やリビングの近くにクローゼットを設けると、帰宅してからすぐに着替えに行けるため便利です。

*リビングとつながる和室

独立した和室ではなく、リビングやほかの部屋と隣接した和室を選ぶ人が増えています。
引き戸を閉めると独立した空間として使用でき、開けると一つの空間として広く使用できます。
そのため、目的に応じて空間を臨機応変に使い分けられるでしょう。
季節に応じた空間を和室に作ったり、来客があれば戸を開けて広く使ったりと、便利な使い方ができオススメです。

□意外と見落としがちな間取りの注意点

*防音に意識する

実際に新居で住み始めると、間取りのプランニング時に思いつかなかったトラブルが生まれるかもしれません。
特に、「生活音」や「騒音」のトラブルは多くの方が悩む問題です。
例えば、リビングでの話し声やテレビの音が寝室まで聞こえる場合、睡眠中の家族が快適に睡眠できません。
また、交通量が多い道路側に寝室を設置すると、騒音によって良質な睡眠が妨げるでしょう。
そこで、生活音や騒音を抑えるために、部屋の防音を意識した間取りをこころがけてください。
寝室の位置をリビングや道路側から離すことで、ある程度快適になります。
住み心地のよい空間を意識して、防音対策を工夫した間取りにしてみてはいかがでしょうか。

*収納スペースの必要性を検討する

収納量は多ければ便利になるものの、実際の必要性を検討することが大切です。
特に、ウォークインクローゼットを利用する頻度が少ない家庭では、かえって無駄なデッドスペースになるでしょう。
使用頻度や収納場所に応じて間取りを決め、実際の生活が豊かになるような収納スペースが必要です。
事前にご家族の収納量を把握して、収納スペースの広さや設置箇所を検討してください。

□理想の間取りにするポイント

*家族と相談して優先順位をつける

注文住宅はご一緒に住む家族の要望を聞いて、みんなが満足できる住まいになると理想的です。
例えば、「家族との時間を大切にできるリビング」や「家事がしやすいキッチン」、「趣味の道具が収納しやすいペース」など様々な要望があるでしょう。
その中で、優先すべき3点にしぼって間取りを考えてください。
選択肢が多すぎると家づくりの基準が曖昧になり、プランニングが難しくなるかもしれません。
大雑把なイメージで十分なので、どのような間取りにするかご家族と相談してみましょう。

*設計士や担当の方に相談する

以上の要望を踏まえて、設計士や担当の方に相談してみましょう。
間取りの実例をあげながら、お客様のご要望にぴったりな住まいを提案いたします。
プロの視点から間取りの助言をもらえるので、お気軽に連絡してみてはいかがでしょうか。

□まとめ

ここまで間取り決めでオススメな例をご紹介しました。
注文住宅において間取り決めはこだわるポイントであり、悩む人も多いでしょう。
この記事が、少しでも皆様の間取り決めの手助けになれば幸いです。
当社は広島県広島市南区で注文住宅を手がけております。
注文住宅に対するご相談は、当社の専門家が全力で対応いたします。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ