R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
【広島在住の方へ】注文住宅にランドリールームを取り入れるなら 投稿日:2019年11月13日

「注文住宅では洗濯・家事がスムーズな住まいを考えている。」
「ランドリールームを設置すると便利って本当?」
そうお考えの方はいらっしゃいませんか?
狭い洗面・脱衣室での洗濯をストレスに感じている方も少なくないでしょう。
そういった理由から、最近では注文住宅にランドリールームを付けようと考えている方も増えています。
ランドリールームを作ろうか検討中の方向けに、ランドリールームのメリットやデメリットをご紹介します。

□ランドリールームについて

ランドリールームは、服の洗濯に関する家事全般ができるスペースといえます。
例えば、洗濯はもちろん、乾燥機やアイロン台を設置することで、乾燥させてアイロンがけを行うこともできます。
洗濯からアイロンがけまで1部屋で作業ができるため、家事の効率を高められるでしょう。
日本では特に、室内干しのスペースとしてつくられることが多いです

□メリットとは?

*家事効率が上がる

洗濯に関することを同じ部屋で行えるので、家事効率が上がるでしょう。
そのため、洗濯した衣服を干したり、アイロンがけを行ったりするために部屋を行き来する必要がありません。
無駄な移動が減るだけでも、家事にかかる時間を有効活用できます。

*洗濯物が散らかりにくい

洗濯物を一ヶ所に集めて作業するので、リビングやほかの部屋に散らかりにくくなります。
家事動線が確保されていないと、どうしても脱いだ衣服が散らかることもあるでしょう。
その点、ランドリールームで衣服の洗濯からアイロンまでできるので、衣服が散乱しづらいといえます。

□デメリットとは?

*ある程度の広さと通気性が必要

ランドリールームは、部屋干しを行うスペースとしても活用します。
そのため、一定以上の広さと通気性を確保しておかないと、衣服が乾かず、場合によってはカビの発生もあり得ます。
実際に取り入れる際には、きちんと空間が確保できるか確かめておくとよいでしょう。

*家族構成が変わると不要になりがち

ランドリールームは、子育てを行っている間は便利に感じると思います。
しかし、子供が成長して一人暮らしを始めるために家を出ることもあるでしょう。
そうなった場合は、必要性が薄れてしまうといったデメリットがあります。
仮に必要性がなくなったときに、どう活用しておくかもあらかじめ考えておくとよいでしょう。

□ランドリールームを快適な空間にしよう!

ランドリールームのメリット・デメリットを踏まえたうえで、さらに「快適な空間」にする具体的なポイントについて紹介します。
最適な配架場所や間取りのポイントを押さえて、家づくりの参考にしてください。

*動線を意識した場所

家づくりで一番大切なポイントは、「動線を意識した配架場所」を選ぶことです。
例えば、キッチン近くに設置すると、洗濯機を使用している間に並行して夕飯の準備に取りかかれます。
また、ベランダや庭へ出やすい場所に設置すると、洗濯物を取り出して外に干す作業がスムーズになるでしょう。
このように、家事における無駄な動きが最小限になると、時間を有効に使えます。
ランドリールームの設置場所を工夫すれば、快適に暮らせるかもしれません。

*ランドリールームの間取りは「3畳」が目安

ランドリールームは家事の効率化を図るために設置するので、動きやすい家事スペースが好まれます。
一方で、スペースを広げすぎた場合、リビングやキッチンなど他の空間が狭くなるでしょう。
そのため、ランドリールームの広さは3畳程度といわれています。
仮に、3畳の広さを確保できない場合は、扉や窓を設置してみてはいかがでしょうか。
風通しや日当たりが良いと、快適で過ごしやすい空間になるかもしれません。
特に、家の広さや家族の構成人数によって、最適なスペースが変わります。
「3畳程度の広さ」は一般的ですが、ご家庭にあったスペースを探してみてはいかがでしょうか。

□ランドリールームづくりのコツ

*家事の習慣を見極める

先ほど紹介したように、家事の動線を意識することは大変重要です。
具体的に動線をするには、「家事の習慣」を見直してみるといいかもしれません。
普段の家事では、いつ・どこで・何を同時進行しているかを振り返ってみると、配架場所がみえてくるでしょう。

*家族と相談する

ランドリールームは洗濯する人だけの空間ではありません。
もちろん家事をするうえで便利な部屋なのですが、家族の日常生活にとっての必要性を見極めることも大切です。
家族にとって暮らしやすい家づくりのために、ランドリールームの最適な広さや配架場所を家族と相談しましょう。

□まとめ

この記事では、ランドリールームのメリットとデメリットについてご紹介しました。
ランドリールームを上手に活用することで、生活はより快適になるでしょう。
当社は広島県広島市南区で注文住宅を手がけております。
注文住宅に対するご相談は、当社の専門家が全力で対応いたします。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ