R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
広島市で注文住宅の検討段階で知っておきたい!どんな種類の木材が使われているの? 投稿日:2019年10月17日

「注文住宅にする予定だけど、みんなは家の資材を選ぶときどうしているのだろうか?木造建築を考えているので、できればみんながよく選んでいる木材の種類を教えて欲しいです。」

上記のようなお悩みを抱いていらっしゃいませんか?
広島市は中国山地と四国山地の間に位置しており、瀬戸内の気候です。
具体的には雨や雪の影響を受けにくく、他の地域に比べて晴れの日が多いため、温暖な気候に恵まれています。
こういった気候を考慮して、適切な木材を選ぶことで木材の本来の威力を最大限に発揮できます。
そこで今回は、広島市で注文住宅をご検討中の方へ、おすすめの木材の種類とその特徴についてご紹介します。

□注文住宅でおすすめの木材の種類

注文住宅に使われる木材はたくさんありますが、今回は5種類に厳選してご紹介します。

*サクラ

主にヤマザクラが使われます。
ヤマザクラは全国的に分布していますが、実際に使う分量は非常に少ないです。
安さや虫に強いだけでなく、その不均一な木目からデザイン性に優れた木材として使われることが多いです。

*アカマツ

ロシアにシベリア地方に分布する木材です。
乾燥しやすく耐水性に優れており、加工性に富む特徴があります。
肌目はまちまちで、木目はまっすぐ通っています。

*ブナ

北海道から九州まで全国的に分布しており、木目はまっすぐ通っています。
接着性に優れますが、乾燥しにくい点と朽ちやすい点が問題です。
内装材や床材として使えますが、しっかり乾燥しなければ腐食する恐れがあるのでご注意ください。

*ヒノキ

日本を代表とする木で、木目はまっすぐ通っており、綿密な肌目と独特な香り、光沢を備えています。
弾力性や丈夫さ、加工性に優れています。

*ケヤキ

日本では北海道以外に分布しています。
他の木材と比べて高価ですが、かなり丈夫な素材で朽ちにくく耐久性に優れます。
また木目がとてもキレイで力強い上、個体差は大きいですが一般的に加工性も問題ありません。

□まとめ

今回は広島市で注文住宅をご検討中の方へ、おすすめの木材の種類とその特徴についてご紹介しました。
デザイン性の高い木造建築は今もなお、高い人気を誇ります。
木造建築をご検討中であれば、木材選びにはじっくり時間をかけることをおすすめします。
また当社では、無料で相談会や勉強会、見学会などのイベントを定期的に開いており、注文住宅をご検討中の方はとても参考になると考えております。
さらに資金計画をはじめ、さまざまな疑問の解決に役に立つ資料の請求など、お電話でご相談を受け付けております。
広島市で注文住宅をご検討中の方は、当社までお問い合わせもしくは当社のイベントに足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ