R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
広島市で注文住宅を買うとき、窓はどうする?【外観でお悩みの方向け】 投稿日:2019年10月15日

「注文住宅を建てようと思い、いろいろ調べているところですが、窓の配置について友人から慎重に考えるべきとアドバイスをもらいました。窓の配置によって住まいがどう変わるのでしょうか?」

上記のようなお悩みを抱いていらっしゃいませんか?
窓の配置を考える上でまず、ご実家に住んでいるときを思い出してみて下さい。
ご両親がよく「カビが生えるから換気しよう」や「日当たりがいいから、冬だけど今日は暖かいね」などとお話をされていたと思います。
実は窓の配置ひとつで、これらの効果を大きく左右することになります。
具体的には、窓の配置は日当たりや風通しを調整する働きがあります。
また窓の種類によって得意な効能と不得意な効能があります。
そこで今回は、広島市で注文住宅をご検討中の方へ、外観における窓の配置の重要性と窓の種類についてご紹介します。

□注文住宅の外観における窓の配置の重要性

他の人の家にはじめて訪問するとき、みなさんはおそらく「家の大きさ」「窓の配置」「外壁のデザインや素材」に目がいくことでしょう。
上記3点は外観を構成する重要な要素です。
この中に「窓の配置」がありますが、例えば間口の広くない家で引き違い窓をたくさん配置すると、見栄えが悪くなります。
ポイントは、「どの種類の窓をどこに配置するのか?」です。
間口が広くないと、四角い印象の形になります。
ここにデザインが凝った窓を1つもしくは2つ入れるだけで、無粋感を大きく緩和します。
以下では、窓の種類と特徴についてご紹介します。

*縦すべり窓

縦すべり窓とは、縦型の窓を外に向けて開ける窓のことです。
人が通れないほどの幅の窓であれば、防犯性に優れている特徴があります。

*横すべり窓

今度は横型のすべり窓です。
横すべり窓とは、下側が外に向けて開ける窓のことです。
こちらは縦すべり窓よりもさらに防犯性に優れています。

*引き違い窓

日本の家で最も普及している窓です。
窓が大きい分、空気の入れ替え量が大きい点や光量を調整しやすいです。

*FIX窓

完全に開閉のできない窓です。
主に採用光として配置される窓です。

□まとめ

今回は広島市で注文住宅をご検討中の方へ、外観における窓の配置の重要性と窓の種類についてご紹介しました。
窓の配置は多くの場合は間取りで決まるため、後で簡単には変更できません。
ぜひ当記事を参考に窓選びに注力して、外観をさらに改良していきましょう。
また当社では、無料で相談会や勉強会、見学会などのイベントを定期的に開いており、注文住宅をご検討中の方はとても参考になると思います。
さらに資金計画をはじめ、さまざまな疑問の解決に役に立つ資料の請求など、お電話でご相談を受け付けております。
広島市で注文住宅をご検討中の方は、当社までお問い合わせもしくは当社のイベントに足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ