R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
広島市で自然素材を生かした注文住宅を建てたい!木材の特徴! 投稿日:2019年08月20日

「広島市で注文住宅を建てたいと考えているが、優しい雰囲気のお家にするには、どうしたらいいのだろう。」
「自然素材の家には、具体的にどのような素材が使われるのかを知りたい。」
など、自然素材の家について、疑問を持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、広島市の方に向けて、自然素材の家を建てる際に、使われる木材の特徴について、ご紹介します。

□木材の分類

木は、葉が針のような形をしている針葉樹林と、広く平べったい葉が特徴的な広葉樹林があります。
木材へ加工した際、針葉樹と広葉樹では雰囲気や機能などが異なるため、分けてご紹介します。


□針葉樹

針葉樹は英語で、ソフトウッドと表現されることがあるほど、軽くて柔らかいものが多いです。
そのため、一般的に針葉樹は加工しやすい木材だとされています。
また、幹がまっすぐ成長していくため、長い板が取りやすいという特徴もあります。

*スギ

寒い時期でも冷たくならず、肌触りが良いことが特徴です。
見た目の美しいため、内装に使われることが多い木材の1つです。
ただし、その他の木材と比べて傷がつきやすいため注意が必要です。

*ヒノキ

ヒノキは耐水性と香りのよさを、兼ね備えています。
そのため、水を扱うところにも使いやすく、ヒノキでお風呂の釜をつくると、良い香りが立ちリラックス効果も期待できます。
また、虫に強いという特徴もあります。


□広葉樹

広葉樹は、枝分かれしながら、横へと広がって成長するものが多い傾向にあります。
木の密度が高く、丈夫で硬いという特徴があります。

*メープル

メープルは、ピアノやバイオリンなどの楽器にも使われている素材です。
艶感があるため、フローリングとして利用すると清潔感ある印象になります。
また、木の密度が高いため、衝撃に強く傷がつきにくいことが特徴です。

*オークラ(ナラ)

無垢材と言えば、オークラと言われることもあるほど、人気のある木材です。
明るい色で、木目が美しいものが多いです。
また、耐久性も強いためフローリング材としてよく使用されます。


□まとめ

今回は、自然素材の家を建てる際に、使われる木材の特徴について、ご紹介しました。

注文住宅の魅力は、理想の家を作り上げられることです。
せっかくなら環境にも家族にも優しい家を、建てたいですよね。
そのような目的にピッタリな材料が木材です。
化学物質を含まず、夏は涼しく冬は暖かい環境を作り出す特徴を持つ木材を、うまく利用しましょう。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ