R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
広島市で注文住宅を建てたい方必見!住宅ローン申請の流れ! 投稿日:2019年08月1日

「広島市で注文住宅を建てようと考えているが、住宅ローンを利用するには、どうしたらいいのだろう。」
「注文住宅の契約を行う前に、住宅ローンに申請する流れについて知りたい。」
など、注文住宅における住宅ローンについて、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、注文住宅における住宅ローン申請の流れについて、ご紹介します。

□申請の流れ

*予算・プランの決定

駅からの距離や治安などを考慮して土地を購入すると、建物のプランや仕様など決める段階に移ります。
土地代と建築費の合計を把握しましょう。
この金額により、住宅ローンを組む金額が変わるため重要です。

*ローン事前審査

昔は、本審査しかなく、審査に通る可能性が低いのか高いのかわからないまま、工事請負契約を結んでいました。
その場合契約後に審査に落ちることも多かったため、事前に行う仮審査というシステムが導入されました。
審査基準には、勤務先・勤務年数・年収などが用いられます。
一般的に仮審査には1~3週間程度かかります。

*工事請負の契約

施工会社との契約を結びます。
建物の工事プランや費用などに納得できるかどうか、確認してから契約書に署名・捺印しましょう。
また、追加費用が発生することを防ぐため、間取りや仕様は契約までに確定してする必要があります。

*ローン本審査

利用する住宅ローンの保証会社による審査です。
仮審査に通っても、本審査を通らない場合もあるので注意が必要です。
本審査に通ると、住宅ローンの契約を行います。

*ローンの実行

すべての手続きが終わると、ローンが実行されます。
ただし、ローンが実行されるまでに支払わなければならない費用もあるので、つなぎ融資の申請も検討することをお勧めします。

□申請に必要な書類

必要書類は、不動産業者が準備する書類と個人で準備する書類に分けられます。
以下では、個人で準備する書類を挙げていきます。

*仮審査に必要な書類

・ローン事前審査申込書
・本人確認ができる書類
・収入を確認できる書類
・継続年数を確認できる書類(保険証など)
・物件の概要がわかる書類(間取り図や見積書)

*本審査に必要な書類

・本人を確認できる書類
・住民票
・印鑑証明書
・収入が確認できる書類
・勤続年数を確認できる書類
・住民税決定通知書
・源泉徴収票

以上のほかにも、金融機関によって必要な書類がある場合があるため、事前に確認しましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅における住宅ローン申請の流れについて、ご紹介しました。

注文住宅を建てる際には、住宅ローンを利用される方がほとんどです。
事前に、申請の流れを知り、落ち着いて手続きを行いましょう。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ