R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
断熱性の高い家にする注意点は 投稿日:2019年06月6日

注文住宅の魅力はなんといっても自由度の高さで、こだわり抜けば皆さんの想像通りの家、理想の家を建てることができます。

これから長年暮らしていくことになるのでできるだけ満足のいく家を建てたいですよね。
最近では、断熱性の高さや耐久性の高さにこだわる方が増えてきています。

そこで今回は、建てる前にしっかりと確認しておくべき断熱材の注意点とポイントに関してお伝えします。

□断熱性は家の寿命に関わる

日本で建てられる家の寿命はその他の国の家に比べて短くなっています。
その原因は、湿度が高いため日本の家は腐りやすいからです。

日本の湿度が高いという点はどうすることもできませんが、実は断熱材の良し悪しで寿命が変わることがあります。

家の腐れを引き起こすのは、壁の中で発生する結露です。
そして、壁の内の結露が発生する原因は、家の断熱性が低く、家の中で温度差が発生してしまうからです。

壁の中に結露が発生すると、カビが生え、木材を腐らせる菌が増殖してしまい、家を少しずつ蝕んでいきます。

そのため、断熱性によって家の寿命も変わってくるのです。

□断熱材の種類

*繊維系断熱材

繊維状になっており、繊維の中の空気層が断熱効果を高めます。
細かい繊維が複雑に絡み合っていることが特徴で、繊維の密度によって熱が伝わる量は異なります。
細い繊維を密に詰めてある断熱材ほど、熱伝導率は高くなります。
他にも吸音性があったりローコストといった特性を持ち最も流通量が多い断熱材です。

*発泡プラスチック系断熱材

独立した小さな気泡の中にガスを閉じ込めることで断熱性能を持たせた断熱材です。
コストがやや高いですが性能が非常に高いので今人気の断熱材です。

*木質繊維系断熱材

セルローズファイバーとも言われ天然の木質繊維からできている素材です。
さまざまな太さの繊維が絡み合い、空気層をつくることで断熱性が高まるという特徴を持っていて、また1本1本の繊維の中にも空気があるのでより一層熱を伝えにくくします。
木質繊維特有の吸放湿性があることも特徴です。

□まとめ

どんな外観にしたいのか、間取りはどうしたら便利になるのかという点に目が行きがちになりますが、家の寿命と大きなかかわりのある断熱材は、後から簡単に変える事の出来ない場所でもあるので、家を建てる時にはしっかりと検討していただきたいと思います。

快適な暮らしをしていくためにも、しっかり断熱材の違いや特徴を理解して、断熱性の高い、暮らしやすい家にしてくださいね。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ