R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
🏠“耐震等級” って何?🏠 投稿日:2019年04月12日

こんにちは、モリです😊

とっても怖い話ですが、政府の地震調査研究推進本部(地震本部)によると、

今後30年以内にマグニチュード(M)8~9クラスの巨大地震が起こる確率は、

静岡県から九州沖合にかけての南海トラフ沿い“70~80%”と予測されています😖💦

日本海側内陸部であっても、いつM7クラスの地震が起きてもおかしくありません。

(作成/地震本部)

↑は政府の地震本部が発表した地震動予測地図です。

今後30年間震度6弱以上の揺れが予想されています😱…

怖い…、怖すぎますっ😱😱😱…

そこで私たちTRAP DOORSにできることは、

建てるすべての家 “構造計算” し、

“耐震等級3” “地震に強い家” 標準” とすることですっ!

ではまず “耐震等級” とは何でしょう?

耐震等級とは、建物の強度を表す1つの指標です。

品確法住宅の品質確保の促進等に関する法律)に沿った住宅性能表示で、3つの段階に分かれています。

【耐震等級1】(建築基準法の耐震性能を満たす水準)

・数百年に一度程度の地震(震度6強から7程度)に対しても倒壊や崩壊しない
・数十年に一度発生する地震(震度5程度)は住宅が損傷しない程度
※建築基準法ギリギリに設定されている場合には、震度6~7程度の地震に対して損傷を受ける可能性がありますのでご注意ください。

【耐震等級2】

・等級1で想定される1.25倍の地震が起きても耐えられる
※主に学校病院などの耐震性能が等級2です。

【耐震等級3】

等級1で想定される “1.5倍の地震” が起きても耐えられる
※主に消防署警察署など防災の拠点となっている建物等級3です。

いかがでしょうか?

防災の拠点となる建物と同じ強度TRAP DOORS “標準” としているんですっ!

地震への不安はぬぐい切れません。

でも、“備えて不安を軽減することはできますっ!!”

カッコイイだけの家で本当にいいですか?

一緒にご家族を守る “地震に強い家” を作りませんか?

そこで、家づくりの最初のステップとしてTRAP DOORSでは

『後悔しないための賢い家づくり勉強会』定期的に開催しております♬

地震に強い家の情報だけでなく、家づくりに関して知りたいあんなこと、こんなことを、

その道のプロ教えてくれます!

勉強会の後に質問タイムもございますので、疑問、質問、何でもお気軽にお尋ねください♬

まずは家づくりに対して『正しいものさし📏』と、“安心安全な家” のつくり方を学びにいらっしゃいませんか?

みなさまのご参加、心よりお待ちしております😊✨

お申込みはこちらへ↓

『後悔しないための賢い家づくり勉強会』

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ