R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
家のコストダウンを考える? 投稿日:2019年04月18日

これからマイホームを購入しようとお考えの方がまず気にするのは、資金のことではないでしょうか?
家の購入は人生の三大出費のひとつと言われています。
できるだけコストを抑えてマイホームを手に入れたいけど、自分の希望を削っていくと、そもそも何のために家を建てるのか、意味がないものになっては本末転倒ですよね。
そこで今回は、注文住宅のコストダウンをするポイントをいくつかご紹介します。

□そもそも家の購入に必要なお金とは?

まず、家を買うときに支払うべき費用について説明します。

*諸費用

住宅購入時には、住宅ローンを組むため、物件購入の契約を結ぶために様々な費用がかかります。
不動産を取得するとめに必要な費用として、手付金、印紙税、仲介手数料、不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登記費用があります。
ローン契約にかかる費用としては、印紙税、ローン借入費用が必要です。

*その他

家に住み始めてからかかる費用も多数あります。
水道分担金、引っ越し費用、家具家電費用、インテリアの購入費用など、暮らしを始めてすぐにかかる費用は案外多いですよね。

□コストダウンのポイント

*間取りを考え直す

建築予定の家が本当にその大きさが必要なのか再検討してみてください。
特に子供がいる家庭だと将来のことを考えて、子供部屋は必要なのか、家族とのコミュニケーションを大切にするために、部屋の数や大きさなどはよく考えて可変性のある間取にすることもお勧めです。
最近では、子供部屋は寝るためだけで、広さは必要ない、皆がいるリビングに集まるのが良いというご家庭が増えてきました。
また部屋を広くするのではなく、広く見せる事でも随分と変わってもきますし、家の形によっても無駄なコストはかかります。
窓の配置や部屋を極力オープンに使うことで、建具などのコスト削減にもつながります。
自分たちの理想で考えると、足し算になっていくので、どんどんコストが上がっていきますので、必要最小限で引き算で考えることも必用です。

*金利の低いローンを探す

住宅ローンはいくつか種類があります。
その中で金利の低いローンを選ぶことも総支払額を減らす1つの方法です。
住宅ローンに関することも住宅会社に相談してみると良いでしょう。

□まとめ

今回は、家を建てるにあたりコストダウンするポイントをいくつかお伝えしました。
少しでも参考にしていただければ幸いです。
憧れのマイホームでの暮らしを手に入れるために、まずは住宅に関する情報を集めることから始めましょう。
広島市で注文住宅を建てることをお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせくださいませ。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ