R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
新築の間取り決めで失敗しないコツとは? 投稿日:2019年04月16日

新築で注文住宅を建てるとなったら、気になるのは、部屋の間取りですよね。
間取りによって、快適な生活を送れる家になるか、不満が募る家になるかは大きく左右されます。
住宅の間取りはとても重要ですよね。
しかし、理想の間取りを自分達でしっかりと考えたけど、家が完成した後で後悔する人は多くいます。
自分達で考えた理想の間取は理想であって、決して家づくりのプロが提案する間取ではないですよね。
今回は、新築の間取りをお考えで、お悩みの方のために、失敗しない間取りを考えるときのポイントだけご紹介します。

□要望を書き出す

間取りを具体的に考え始める前の準備として、家族全員の生活の行動を書き出すことが大切です。
家族全員がストレスなく生活しやすい住宅こそ、快適なお家ではないでしょうか。
まずは、家族で話し合って、一人一人の行動から大切ななポイントをみつけ業者に伝えるべき希望をいくつか挙げていきましょう。
そこから出た意見が必要か必要でないかを更に家族内で話し合って、要望を絞っていくのが理想です。
ポイントは、希望を聞く前に不満点を聞き出すことです。
不満点を把握することで、希望が伝えやすくなるでしょう。

□見学会等をに行く

新築をこれから建てる方だと、家の間取りを考えるのは初めての方が多いのではないでしょうか。
間取りを考えようと思っても、イメージがつきづらいはずです。
また、ここをこうしたいと思っても、実現できるデザインなのかどうかも分かりにくいですよね。
そこで、参考までに完成見学会などを見に行くことをおすすめします。

□収納を十分に確保する

家の機能として大切なのが収納力です。
家の中のモノは捨てない限りは、どんどん増えていきます。
暮らし始めてから何年も経ったときのことも考えて、収納スペースを考えましょう。
靴、鞄、服、本等、持っているものを、リストアップして書き出して
何をどこに収納したいか考えてから、間取も考えましょう。

□まとめ

今回は、住宅の間取りで失敗しないための考え方についてお伝えしました。
これから新築を建てる予定の方には、ぜひ参考にしていただけるのではないでしょうか。
家を建ててから後悔しても取り返しがつきませんし、家を建てるためのお金は決して安価なものではありません。
一生に何度もない家づくりは失敗や後悔したくありませんよね。
そのためにも、事前に注文住宅に関する情報はしっかりと集めて考えておきたいですね。
広島で理想の注文住宅を建てたいとお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせくださいませ。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ