R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
広島で家を建てよう!新築住宅にかかる費用と頭金について! 投稿日:2019年04月11日

家を購入するとなると、まず必要な資金について考えますよね。
家の購入は人生においても大きな出費であり、新築一戸建ての購入にかかる総費用は決して安いものではありません。
また、何年もかけて組む住宅ローンのためにも、資金計画をしっかりt立てておくことは重要です。
資金計画を立てるためには、まず、住宅購入にかかる費用を知っておく必要があります。
そこで今回は、新築一戸建てを購入する際に必要な費用をご紹介します。

□新築住宅を建てる時に必要な価格の内訳

新築一戸建て住宅を購入するために必要なのは、土地代金、建物代金、そして諸費用です。
住宅の土地代に消費税はかかりませんが、建物には消費税がかかります。
諸費用には印紙税、仲介手数料、土地の登記代、抵当権設定費用、火災保険・地震保険、固定資産税、つなぎ資金、ローンにかかる費用などが含まれます。
この他、付帯工事費として、(上下水道の引き込み工事)、(浄化槽)、(解体工事)、(地盤改良工事)、照明器具、エアコン、カーテン、外構費用、
などの予算取りも一応考えておいた方が良いでしょう。

□頭金とは?

頭金とは、住宅を購入する時にある程度用意する現金のことです。
所持している貯金全額を指すのではなく、貯金全額のなかから、マイホーム購入に使えるお金のことを指します。
頭金の価格を決めるときは、まず、自分の総資産を確認し、今後の10年間で必ず消えていくお金、つまり出費額を差し引きます。
その残りの額から更に数年生活するのに必要とされる生活費を引くと、住宅に充てることが可能な資金が算出されます。
そこから、諸費用等を差し引き残った金額は頭金として使ってもよい資金です。
また、頭金があることで、住宅ローンの借入額を減らすことも可能です。
逆に、頭金は使わずに、後々生活に余裕が生まれてから、繰り上げ返済(途中で、まとまった金額を返済)するという方法もあります。

□まとめ

今回は、新築住宅に必要な資金についてお伝えしました。
住宅を購入する前は、資金計画をしっかりと立てて、無理のない返済を目指しましょう。
広島で理想の注文住宅を建てたいとお考えの方は、まずはお気軽に当社までお問い合わせくださいませ。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ