R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
広島で注文住宅を考えよう|間取りで後悔しないためのポイント 投稿日:2019年02月12日

「これから一戸建てを建てようと考えているのだが、間取りで後悔しないためのポイントを教えて欲しい」
「家づくりは一生に1度なので、満足いくような間取りを考えたい」

このようにお考えのみなさま!
マイホームの購入は人生で1度きりの買い物である人が多いです。
中には、ずっとアパート暮らしの方もいらっしゃいます。
そんな家を買うときに後悔したくないですよね。

そこで、今回は、家を建てた10年後に間取りで後悔しないために考慮すべきポイントについてお伝えしていきます。

□間取りで後悔しないために
間取りで失敗したという人は大勢いらっしゃいます。
後々後悔しないために、間取りについて考えていきましょう。

*収納について
生活をする上で、収納は非常に重要なものです。
家を建てた後の後悔で多いものとしては、収納が少なかった、多かったなどという意見です。
多くの人は収納についてあまり深く考えずに家の間取りを作ってしまいます。
なので、家を建てる前に収納についてしっかり考えておく必要があります。

*吹き抜けの必要性
「家を作る際には吹き抜けを作りたい」
このように考えている人がいることでしょう。
しかし、その必要性について考えてみてください。
吹き抜けは昼間は室内を明るくしてくれますが、夜中には室内がかなり暗くなる原因です。
また、夏は冷房、冬は暖房がなかなか効かず、効率が悪くなってしまいます。

*コンセントをどこに作るか
コンセントの場所について失敗することも多いです。
特に、キッチンなどは多くの家電があり、コンセントが数多く必要です。
また、家電を置く場所からコンセントの位置が遠いと、延長コードを用いたりしなければならなくなるため注意する必要があります。

*おしゃれについて
スキップフロアなどのおしゃれな間取りにすると、使い勝手が悪くなることがあります。
また、将来のことを考えると、階段が急だとかなり苦労することが考えられます。
なので階段は将来も使いやすいようにしておきましょう。
おしゃれをするのはいいですが、使いやすさを保てる程度にとどめておくことをおすすめします。

□まとめ
家を建てた10年後に間取りで後悔しないために考慮すべきポイントについてご紹介しました。
家づくりで考慮すべき土地と同様に、間取りも重要です。
間取りでミスをしてしまうと、後で変更することができないので注意するようにしましょう。
当社では注文住宅を承っております。
少しでもご興味がございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ