R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
住む前に知りたい!広島市の子育て支援は充実してるの? 投稿日:2018年12月25日

子育てをしているご家庭、またはこれから子育てを始める予定の方にとって、住む土地の子育て環境はとても重要です。
その市の取り組みを知り、本当に育児に優しい街なのか考える必要があります。
そこで今回は、広島市が行っている子育て支援の制度をご紹介します。

□広島市の子育て支援制度には何がある?

広島市にはさまざまな子育て支援制度がありますが、そのなかで4つに焦点を当てて取り上げます。

*こども医療費の補助

子どもの医療機関で診断を受けたときの医療費の一部を補助する制度です。
この制度を利用するためには、医療費受給者資格認定申請書に保険証と印鑑、そしてマイナンバーカードを揃えて、各区保健福祉課まで持っていき申請する必要があります。
また、子ども医療費受給者証には有効期限があるので、申請時にチェックしておくようにしましょう。

*ひとり親家庭等医療費の補助

ひとり親家庭の父か母、またはその他の養育者に対し医療費の一部を補助する制度です。
これは保険の向上、安定した生活を送ること、福祉の増進を図ることを目的としています。
制度を利用するためには、市が交付しているひとり親家庭等医療費受給者証と健康保険証を医療機関に提示しなければなりません。
そしてこの制度の有効期限は1年と決められているので、毎年更新手続きが必要となってきます。

*一時預かり事業

子どもを一時的に保育園や認定こども園で預かる事業です。
保護者が子どもを預ける理由はいくつかあります。
病気や事故の発生や冠婚葬祭などやむを得ない事情などの緊急な理由や、仕事で手が離せないとき、または育児疲れのリフレッシュをしたいときが主な理由でしょう。
基本的に、預かってもらえる子どもは、保育園や認定こども園に通っていないことが要件です。
利用する際は、一時預かり事業実施施設に直接申し込むようになっています。
また利用料はその施設によって変わりますので、事前に料金を確認しておきましょう。

*子育て支援センター・保険センター

これは制度ではありませんが、子どもを育てるお母さんやお父さんにとっては心強い存在です。
ここでは、子育てに関する不安や悩みを受ける子育て相談、育児に関する親の健康や乳幼児の健康の相談に乗ってくれる健康相談室があります。
健康相談室では、乳幼児の身体測定も行っています。

□さいごに

今回は、広島市が取り組んでいる子育て支援制度についてご紹介しました。
広島市が育児に向いている市だということを知っていただけたのではないでしょうか。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ