R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
広島の補助金を活用しよう!注文住宅をお考えの方へ 投稿日:2018年11月8日

広島県の方で注文住宅をご希望の方はいらっしゃいませんか?
やはり、誰でも新築の家に憧れるものです。
そこで注文住宅を建てるにあたっての情報収集はできていますか?
県や市からの補助金の制度などについてあまり知らないという方も多いと思います。
そんな方に向けて、今回は新築建築の際の補助金制度についてご紹介します。

□新築の補助金制度の種類

*すまい給付金
「すまい給付金」は消費税引き上げの負担を軽減するために作られた制度です。
年収510万円以下、登記上の持ち分を保有、購入した住宅に本人が住む方たちが対象者になります。
補助金は収入に応じて決まり、最大で30万円まで受け取ることができます。

*ゼロエネ住宅補助金
ゼロエネ住宅は省エネにすることで、エネルギー消費を減らす、もしくは消費と同じエネルギーを作ることができる住宅のことです。
こちらは国が出している補助金ですが、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)の診察受けると最大で150万円の補助金を受け取ることができます。

*地域型住宅グリーン化事業
こちらは耐久性や省エネに優れた木造住宅の建設を支援するもので、ゼロエネ住宅、低炭素住宅などが対象となります。
国都交通省に申請を行うことで工務店を通じて還元することができる仕組みです。
この制度では約100~165万円の補助金を受けることができます。

□広島県の新築の補助金制度

*三次市の補助金制度
三次市には「移住者住宅所得支援事業補助金」という補助金制度があります。
市外在住者の方が市内に新築の家を建てた場合に所得費用の10分の1以内の補助を受け取ることができ、最大で100万円受けることができます。

*庄原市の補助金制度
庄原市には「地域木材住宅建築普及事業」制度があります。
この制度は地域材の使用量に対して奨励金を出す制度です。
20㎥以上で60万円が上限金額となっています。
また、「転入定住者住宅取得及び改修補助金」という補助金制度もあり、こちらは居住を目的とした住宅の新築や購入、改修をしようとする転入移住者に対して補助金が出ます。
新築は対象経費の10%で最大100万円です

*江田島市の補助金制度
江田島市には「定住促進事業補助金制度」という制度があります。
定住を目的に江田島市で、自分が居住する新築の家を購入した人が対象になり、上限金額は30万円です。

□最後に

今回は新築建築の際の補助金についてご紹介しました。
広島県の補助金は市によってあるところとないところがあり、さらに市によって内容も変わってきます。
このような情報を知っておかなければ新築を建てた際に尊する可能性があるので、情報収集をしっかりしましょう。
注文住宅のことは、ぜひ弊社にご相談ください。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ