R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
注文住宅の寒さ対策には高気密と高断熱が重要!|広島の建築士が解説 投稿日:2018年10月4日

注文住宅を建てようと考えている方は、見た目を重視しているだけではなく、「夏は涼しくて冬は暖かい家にしたい!」と考えていらっしゃるのではないでしょうか?
特に、冬場は冷えていると寒くて寝られなかったり体調を崩したりと、寒さ対策はしっかりしておきたいところです。

そこで今回は、注文住宅の寒さ対策に欠かせない、高気密・高断熱住宅の3つのメリットをご紹介します。

□高気密・高断熱とは?
高気密・高断熱とは、家の中と外の空気が交わらず、熱が伝わらない状態です。
つまり、夏には暑さを遮り、冬には暖かい空気が保たれる状態です。
これは壁、床、天井などに断熱剤を使って実現され、快適な住まいには欠かせない条件となっています。

□高気密・高断熱にするメリット
*省エネで節約できる
高気密・高断熱の住宅では、冷暖房を部屋ごとに使う必要がなく、光熱費を節約できます。
外気に影響されやすい家は、暖房をかけ続けて各部屋で温度を暖かく保つ必要があります。

しかし、高気密・高断熱の住宅にすることで、少ない空調の稼働で部屋を暖かく保つことが可能です。
環境にもお財布にも優しいのが最大のメリットです。

*空調が苦手な人に向いている
空調で毎年体調を崩しているという方は一定数おられます。
部屋が冷え込みやすいと必然的に暖房の風も強くなり、室内が乾燥してどうしても風邪をひきやすくなります。

しかし、高気密・高断熱であれば暖房をかけてもすぐに部屋が暖かくなり、暖かい温度が長く保たれます。
そのため、暖房をかけ続ける必要は無くなります。

*ヒートショックの心配が少ない
ヒートショックは、急な温度変化によって血圧や脈拍が変化し、最悪の場合死亡してしまう現象です。
例えば、暖かいお風呂場からいきなり寒い脱衣所へ行き、また暖かいリビングに行くなどすると、ヒートショックになる危険があります。
特に、高齢者によく起こり、ヒートショックによる死亡数は年間の交通事故者の数よりも多いと言われています。

冬に、気密性が低い部分から室内に冷気が侵入してどうしても入り口付近は寒くなってしまいます。
また、気密性が高くても、断熱性が低いと壁や窓から冷気が伝導します。
ヒートショックを防ぐには、高気密と高断熱どちらもが揃わなければなりません。

□まとめ
以上が高気密・高断熱住宅の3つのメリットでした。
省エネや体調不良、ヒートショック防止に効果的だとお分りいただけたでしょうか。
せっかく家をつくっても、外気に大きく影響される家では、空調を多く使う必要があります。
快適な住まいづくりを目指している方は一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ