R+house 安芸・東広島


ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
分譲住宅・建売住宅・注文住宅って何?メリットを比較 投稿日:2018年05月24日

いざ一戸建て住宅を買おうと決意したら、「建売住宅」「分譲住宅」「注文住宅」といろいろ出てきて何が良いのかわからない!とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

そこで今回は、3種類の住宅の違いと、それぞれのメリットをご紹介いたします。

●建売住宅とは
建ててから売られる家のことを建売住宅といいます。
次に紹介する分譲住宅も建ててから売られることが多いので、建売住宅と分譲住宅はほとんど同じ意味合いで使われることが多いです。

●分譲住宅とは
「分譲住宅地」と呼ばれるまとまった場所に、同じようなデザインで建てられた家を1軒ずつ売っているものを分譲住宅と言います。
かなり平たく言うと、一定の区域内に大量生産した家を分けて売っているというものです。

●注文住宅とは
オーダーメイドで作られた家のことを注文住宅と言います。
設計について建築家と何度も打ち合わせをおこなって、ご自身の希望に沿った家を作れることが特徴です。

●建売住宅や分譲住宅を買うことのメリット
1.安くて早い
まず、注文住宅に比べて「費用が安い」ことが挙げられます。
また、既に出来上がっている家を買うので、契約から入居までにかかる日数も短くて済みます。

とにかく費用を抑えて、あるいは少しでも早く新築一戸建てを購入したいという方にお勧めです。

2.実物を見てから決断できる
多くの場合オープンハウスが開催されるため、家の外観はもちろん、内観や日当たりまで確認してから購入を決めることができます。

●注文住宅を買うことのメリット
1.自ら設計ができる
何と言っても、自由に家を設計できることが注文住宅の醍醐味です。

家の外観から間取り、性能に至るまで、あらゆることを建築家と話し合いながら決めることができます。
ご家族の趣味やライフスタイルに合った、他にはないこだわりの家で暮らしたい方におすすめです。

2.高品質が期待できる
施工会社を選べるのはもちろん、建物が作られていく過程をチェックすることもできます。
直接依頼を受けているうえ、いつでも建築現場を見に行くことができるので、業者からすると手抜きはできず、間違っても欠陥ができないよう慎重になります。

●まとめ
以上、3種類の住宅とそれぞれのメリットについてご紹介いたしました。
ご自身のこだわりを実現できる、理想の家づくりに惹かれた方はいらっしゃいませんか?

弊社では、建築用部材をメーカーから直に仕入れたり、こだわりのない部分については規格通りに行ったりすることにより、ムダな費用を抑えながら高品質なデザイナーズ住宅の提供を実現しています。
注文住宅をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

ページ先頭へ
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
【供給目標】
2020年度:50%
2021年度:50%
ページトップへ