R+house 安芸・東広島


住宅性能

PERFORMANCE
住宅性能
PERFORMANCE
住宅性能
見た目はカッコよく、おしゃれだけど夏暑く冬は寒い家、地震で揺れた時は大丈夫なのか不安を感じる家、・・・ではなくR+house 安芸・東広島が目指す家は見た目はカッコよく、おしゃれ、その上で「ずっとストレスのない家」です。そこに住み続ける時に、ストレスを感じない家が理想の家だと思っています。
見た目はカッコよく、おしゃれだけど夏暑く冬は寒い家、地震で揺れた時は大丈夫なのか不安を感じる家、・・・ではなくR+house 安芸・東広島が目指す家は見た目はカッコよく、おしゃれ、その上で「ずっとストレスのない家」です。そこに住み続ける時に、ストレスを感じない家が理想の家だと思っています。
心地良い家とは?
お洒落でカッコイイ空間でも、夏に暑すぎたり、冬に寒すぎたりするのでは、快適に暮らすことは出来ません。心地よい住まいとは、部屋の温度が適温に保たれて、一年を通して快適に過ごすことができる家のことです。
ここからは、心地良い住まいを実現するために、R+house 安芸・東広島が行っている工夫についてご紹介します。
心地良い住まい=高気密+高断熱+計画換気
「暑い夏でも、汗でベタつかない」
「寒い冬でも、足元に冷えを感じない」
いつでも春や秋のような環境を保つには、気密性・断熱性・換気がポイントになります。R+house 安芸・東広島の家は、気密性と断熱性能を高め、計画的な換気を行うことによって住み心地のよい家を実現しています。
心地良い住まい=高気密+高断熱+計画換気
高気密
高断熱
計画換気
「暑い夏でも、汗でベタつかない」
「寒い冬でも、足元に冷えを感じない」
いつでも春や秋のような環境を保つには、気密性・断熱性・換気がポイントになります。R+house 安芸・東広島の家は、気密性と断熱性能を高め、計画的な換気を行うことによって住み心地のよい家を実現しています。
R+house 安芸・東広島の高気密の家とは?
家は見せる為だけのものではありません。40年・50年と家族がともに暮らしていく場所です。そのため、生活環境はとても気になるところ、一年中快適に過ごすためには、気密性と断熱性を高めることが大事です。
気密性能は、C値という値で表わされ、床面積1㎡あたりの隙間相当面積を指しています。過去の省エネ基準の目標値は、C値=5(一棟あたり、おおよそハガキ5枚分の隙間があるという事)。
これ対し、R+house 安芸・東広島のご提案する家では、C値=0.5以下を目標値としています。隙間を徹底的に減らすことで、隙間からの熱損失を少なくしているのです。
このような家では、家の中の温度は一定に保たれ、ランニングコストが削減されます。さらに、計画的な換気を行うことで結露の発生を抑え、カビ・ダニの繁殖を防ぐことが出来るのです。
R+house 安芸・東広島の高気密の家とは?
家は見せる為だけのものではありません。40年・50年と家族がともに暮らしていく場所です。そのため、生活環境はとても気になるところ、一年中快適に過ごすためには、気密性と断熱性を高めることが大事です。
気密性能は、C値という値で表わされ、床面積1㎡あたりの隙間相当面積を指しています。過去の省エネ基準の目標値は、C値=5(一棟あたり、おおよそハガキ5枚分の隙間があるという事)。
これ対し、R+house 安芸・東広島のご提案する家では、C値=0.5以下を目標値としています。隙間を徹底的に減らすことで、隙間からの熱損失を少なくしているのです。
このような家では、家の中の温度は一定に保たれ、ランニングコストが削減されます。さらに、計画的な換気を行うことで結露の発生を抑え、カビ・ダニの繁殖を防ぐことが出来るのです。
R+house東広島の高断熱の家とは?
断熱性能の高い家では、外気に面する外壁・屋根・窓から熱が逃げないようにすることで、家の内側と外側との熱の行き来が少なくなります。
R+house 安芸・東広島の断熱性能は、次世代省エネ基準を大きくクリアしています。
ただし、断熱性能は高ければ高いほど良いというわけではなく、その地域にあった窓の配置を設計しないと快適な室内環境で省エネルギーな生活は実現できません。 建物の配置や窓の配置から日射しの取得や遮蔽を考え風の取り込み方、明かりの取り込み方も考え、省エネ設備だけに頼らず、自然で優しいエコな家づくりが私達が提案するストレスを感じない理想の家づくりです。
R+house東広島の高断熱の家とは?
断熱性能の高い家では、外気に面する外壁・屋根・窓から熱が逃げないようにすることで、家の内側と外側との熱の行き来が少なくなります。
R+house 安芸・東広島の断熱性能は、次世代省エネ基準を大きくクリアしています。
ただし、断熱性能は高ければ高いほど良いというわけではなく、その地域にあった窓の配置を設計しないと快適な室内環境で省エネルギーな生活は実現できません。 建物の配置や窓の配置から日射しの取得や遮蔽を考え風の取り込み方、明かりの取り込み方も考え、省エネ設備だけに頼らず、自然で優しいエコな家づくりが私達が提案するストレスを感じない理想の家づくりです。
CONTENTS
CONTENTS
EVENT
イベント情報
BLOG
ブログ
VOICE
お客様の声
COMPANY
会社概要
RECRUIT
採用情報
MOVIE
ムービー
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
2016年度:0%
2017年度:0%
2018年度:0%
2019年度:30%
2020年度:50%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
2016年度:0%
2017年度:0%
2018年度:0%
2019年度:30%
2020年度:50%
ページトップへ