R+house 安芸・東広島


ブログ

長梅雨で考えられる災害に備えて~広島・東広島注文住宅での家づくり~ 投稿日:2021年05月21日

皆さんこんにちは!

昨晩はよく雨が降りましたね。

東広島市では昨日大雨で「警戒レベル3高齢者等避難」が

発令されていたため、不安になられていた方も多くいらっしゃると

思います。

無事何事もなく過ぎたのでよかったですが、今年は長梅雨になりそうとの

ことで、避難場所や非常用のストックを確認していたほうが

いいかもしれません。

そこで今日は非常用の持ち出し袋の中身について

再確認していきたいと思います。

まずは貴重品。

  • 現金(小銭を含む)‐公衆電話用に100円、10円を多めに
  • 車や家の予備キー
  • 予備の眼鏡、コンタクトレンズ
  • 銀行の口座番号など
  • 健康保険証
  • 身分証明証(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
  • 印鑑
  • 母子手帳

次に情報収集用品。

  • 携帯電話、充電器
  • 携帯ラジオ(電池式の場合は予備電池)
  • はぐれたとき用に家族の写真
  • 緊急時の連絡先
  • 広域避難地図
  • 筆記用具

それから食糧

  • 食料

これは避難所でも配布されるので最低限のものでOK。

衛生品など

  • 防災頭巾かヘルメット
  • 懐中電灯(電池式の場合は電池)
  • 笛やブザー
  • 万能ナイフ
  • 使い捨てカイロ
  • マスク
  • ビニール袋
  • アルミ製保温シート
  • 毛布
  • スリッパ
  • 軍手か皮手袋
  • 雨具
  • レインコート
  • レジャーシート
  • 簡易トイレ
  • 常備薬
  • タオル
  • 救急用品(絆創膏・ガーゼなど)
  • トイレットペーパー
  • ウェットティッシュ
  • 着替え(下着)
  • 赤ちゃんがいる家庭は紙おむつ・ミルクなど

その他自分に必要なもののストックは入れておいたほうが安心です。

コンタクトの人は洗浄液やケース、手洗い時の石鹸シートなども

必要ですね。

また、入れすぎると何かあったときにさっと持ち出しにくいので

持ち出し袋(リュック)のサイズ感も重要です。

家族の一人につき1個リュックを用意し、各々が

必要なものをしっかりと詰めておきましょう。

その非常用袋に身元が分かるものを付けておくもの大切ですね。

それから昨日の避難情報では、できるだけ飲料水、食料品、毛布などの

身の回り品を持参してくださいとの案内がありました。

新型コロナウイルス感染症予防のためにも各自で毛布などは

用意しておいたほうがよさそうです。

避難先が学校だとトイレのアルコール除菌スプレーがないことも

十分考えられるので除菌用品も用意しておくと

安心ですね。

あとはしっかりと準備されている方でも定期的にバッグの中身は

確認しておきましょう。

賞味期限が長いものを用意されているとは思いますが、

いざというときに使えなかったり食べれなかったら困りますし。

それから、すぐ避難所へ行ける場合はまだいいですが、もしかしたら自宅で

孤立することも考えられますよね。

ですので自宅用に災害用品も別途用意しておきましょう。

ストックの量は家族が3日間~数日生きられる量が目安だ

そうです。

近年の様々な災害を受け、皆さん防災のレベルはかなり上がったのでは

ないかと思います。

とはいえずっと意識しておくのは難しいので

数か月に1回、この日!というのを決めて

自分たちの非常用ストックはどうだったか、避難場所はどこか、

家族の連絡先などをしっかりと

確認しておくように癖付けしたいですね。

(梶並)

ページ先頭へ
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:100%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:100%
ページトップへ