R+house 安芸・東広島

ブログ

高気密・高断熱あるある~東広島で新築住宅を考える~ 投稿日:2022年01月28日

皆様こんにちは

体調はいかがでしょうか?

早くオミクロンが収束することを願うばかりです。

さて今回は高気密・高断熱住宅あるあるな感じでSNSなどで見かける んっ?

と思ったことなど書いてみます。

誰か知っている人が言っていたわけではないので信憑性が歩かないかは別として

軽い気持ちで読んでいただければありがたいです。

よくあるのが吹き抜け問題

「お洒落だけど暖かい空気が2Fに逃げるから寒くてやめた方が良い」

確かに吹き抜けあると寒そうです!

ですが実は気密性・断熱性がしっかりとしていれば1Fと2Fの温度差が

なくなりむしろ、より快適な空間となります。

高気密高断熱住宅では吹き抜けを造る事はお勧めされています。

部屋ごとに小さく区切らなくても良いのでインテリアもすっきりとして一石二鳥です。

狭く感じさせない、広さ以上の広がりは大切です。

床暖房

人は、上半身が暖かいより足元が暖かい方が快適指数は高くなります。

なので足元が冷たいお家より足元がぽかぽか暖かい方が快適です。

ただし高気密・高断熱住宅で足元が暖かいとより良いのかどうかです。

もちろん足元が暖かいに越したことはないのですが、断熱性の高いお家では

温度の調整が難しく、冬のある期間(特別寒い時)以外ほとんど使わないと聞いています。

せっかくなのでと無理に使った所で、温度調節のため窓を開けるっ?なんてこともあります。

それにメンテナンスも必要なのでコストバランスを考えたうえで検討してみて下さい。

家の中が息苦しい

率直にこんな家にはすみたくないですよね(笑)

高気密住宅では、気密性能が高いのでこんなこともあるのかと思うかもしれないですが

とりあえず窒息しかけたという話は今まで聞いたことはないです。

逆に気密性が高いと効率のよい換気ができます。

お家の中の隙間が少なければ換気扇の能力が正常に作用します。

例えばストローで水を飲むとき、穴が開いているといくら吸っても飲めないですよね。

これと一緒で換気扇がいくら吸いこもうとしても隙間が多いと換気扇の近くの

空気しか吸い込めず、計画通りの換気が出来ていない場合があります。

お家が常に新鮮空気を取り入れてくれると、お金をかけなくても

なんだか気持ちの良い空間となります。

のどが渇く

朝起きた時などに良くのどが渇く。

こちらはあると思います。

高気密・高断熱住宅では室内の湿度が低くなり乾燥しがちです。

考えかたによっては洗濯物など室内干しが良く乾くという事になりますが、

実際に住まれているお施主様宅をのぞかせてもらうと

大体加湿器がおいてあります。

湿度はうまくコントロールする必要があります。

リビングなど常に乾燥しやすい場所に洗濯物を干すわけにもいかないので。

花粉や小さな虫が入ってこない

虫嫌いの方が隙間のないお家が理想ですという言葉を聞きます。

あるお施主様が、ご近所の方々とお話ししていた時に

家の周辺でヤスデ(ムカデの小さいやつ)が大量発生して

そういえば庭にたくさんいるなぁーといったぐらいで特に気にしたことがなかったそうですが、

家の中とかにまで入ってきて嫌だよね・・・という会話を聞いて、

家の中で見たことがなかったので、入ってきてることにびっくりして

初めて高気密住宅を実感しましたと聞いたことがあります。

また花粉症の方も家では快適に過ごせるみたいで、

家にいるときはましになると聞いたこともあります。

ただし玄関先でちゃんと花粉を払ってからお家に入る必要はあります。

玄関ドアやサッシが開けにくい

こちらもあるあるです。

特に小さなお子様にはちょっとした罰ゲームのようで

家から閉め出されてしまい、中々開けることができない光景を目にします。

なので同時に吸気と排気をすることで極力圧力差を生まないようにしなければいけません。

第1種換気(強制的に空気を吸い込む、強制的に空気を吐き出す)であれば大丈夫ですが、

第3種換気(自然に空気を取り込む、強制的に空気を吐き出す)だとキッチンの換気扇など

同時に吸気排気する機能を別途付けないといけません。

防音性が高い

外の音が聞こえにくいのも特徴としてあります。

家の前をトラックが通ってうるさいといった感覚はないようです。

逆に雨が降っていても気づかないといったこともあります。

(ただし屋根がガルバリウムの場合瓦に比べて音がうるさいので対応が必要です)

中で少々大きな音で音楽を聴いても大丈夫だといわれています。

弊社のお客様の中には自宅で楽器をされている方もいますが

ご近所からクレームが来たとは聞いてないのですが、こちらは音量にもよるかもしれません。

予算が高くなる

これはどうしようもないです。

良いものを使うとどんな商品でも高くなってしまいます。

だからと言って丁度良いものというのはそうそう見当たらないですよね。

これには材料だけでなく、職人さんの手間暇も重要な要素となります。

建てる側は極力安く建てたい、ですが仕事をしている側からすると、

簡単に早くできるなら給料が安くても数でカバーできるのでOKですが、

時間がかかる作業を丁寧にするのであれば、それに見合った給料が欲しい・・ですよね。

売れる家を造るのか快適な暮らしができる家を造るのか

それはすべてお施主様と事業者に委ねられています。

40年間住み続けることを考えた時、例えば光熱費が月々8000円変われば

1年で約9万円・10年で90万円・40年で360万円の違いです。

トータルで考えてみるとむしろこちらの方が割安か・・・‼

ほんとか嘘かはいろいろなお家を体感して比べてみてください。

これから先、太陽光パネルの義務化に向けての話も出ているようで、

現在当たり前に立っている家も10年後には建てられなくなり、さらにもっと厳しい基準になった時・・・

その時にどうあるべきかを創造して20~30年前の団地をみて下さい。

何千万円も出して建てた家は、それぞれどんな輝きを持っていますでしょうか。

ページ先頭へ
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
2021年度:100%
【供給目標】
2025年度:100%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
2021年度:100%
【供給目標】
2025年度:100%
ページトップへ