R+house 安芸・東広島


ブログ

高気密・高断熱住宅、どうしてランニングコストが下がると言われているの? 投稿日:2021年12月8日

最近またいっそう寒くなってきましたね。

今季の冬はラニーニャ現象のため

冷え込むと言われています。

そのため、朝晩の冷え込みでさっそく暖房器具が

活躍しているご家庭も多いのではないしょうか。

でも、そこで気になるのが

電気代や灯油の値上がり。

夏場はリビングや各部屋などの

よくいる生活スペースだけ冷やせば

何とかなりますが、冬の場合はそれに加え、

脱衣所や浴室など温めたい場所も増えると

思います。

こんなとき、高気密・高断熱な家だったら

ランニングコストはどうかわるのでしょうか。

今日はそんな話をしていこうと思います。

気密性・断熱性とランニングコストの関係

まず、なぜ気密性がいいと

ランニングコストが安くなるのでしょうか。

高気密というのは建物と外部の隙間が少なく、

空気の出入りが抑えられるお家のことで、

高断熱とは外壁と内壁の間を

断熱材でしっかりと埋められて外気の

影響を受けにくいお家のことを指します。

この2つが合わさることでまるで魔法瓶のような

熱が逃げにくいお家となるのです。

これが隙間があったり断熱が不十分なお家だと

冷暖房で温めたり冷やしたりした熱がどんどん外へ

逃げてしまう、かつ、外の温度の影響を受けるので

快適な温度を保ちにくく、ずーっとエアコンは

動き続けなければいけません。

これだと電気代がかかるのも納得です。

高気密高断熱のお家が魔法瓶だとすると、

隙間があり断熱が不十分なお家はペットボトルの

ようなものかもしれません。

たまに、「高気密・高断熱の家は夏涼しくて…というけど、

エアコンをつけなくても涼しいんですか?」という

質問を受けることはありますが、

それは違います。

熱が逃げにくく外気の影響も受けにくいため

エアコンで冷やしたり温めたりした熱が保たれるのであって、

家が何らかの力で涼しくしているといった

魔法のようなことはできません。

家に重視すること

様々な家の後悔ランキングを見ていると

間取り・収納・会社選び・ローンのほかに

光熱費関係というものを見かけます。

光熱費に関係する後悔の声を集めてみると、

・吹き抜けのせいで部屋が寒い(暑い)

・思ったより暑い(寒い)

・じめじめする

・リビングが広くて冷暖房が効きにくい

といったものがありました。

特に吹き抜けに関しては高気密・高断熱のお家の

場合は逆に家中快適になりますが、

そうじゃない場合はこの後悔の声のように

そのせいで冷暖房費が高くついて

しまった…という後悔につながります。

あなたは初期費用とランニングコスト、どちらを抑えたい?

高気密・高断熱のお家は

一般的に費用が高めになると

言われています。

ただ、初期費用は確かにかかりますが、

月々の支払いが抑えられるのと

どちらが良いでしょうか。

家を「買う」ものだと考えると

初期費用を抑えるほうに走りがちですが、

「暮らす」と考えるとまた別の大切なものが

あるかもしれません。

長くなりましたが、

高気密・高断熱のお家のランニングコストの

関係のお話でした。

最後に告知です。

今週末、東広島市西条町にて

完成見学会を行います!

↑クリックで詳細ページを

ご覧いただけます。

11日(土)、12日(日)はおかげ様で

ほぼほぼ埋まってしまっている

状態です。

ご予約いただいた皆様、

本当にありがとうございます。

※詳しくはこちらからお問合せください💁‍♀️

高気密・高断熱のお家を

ぜひ体感してみてくださいね。

ページ先頭へ
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:100%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:100%
ページトップへ