R+house 安芸・東広島


ブログ

軽くて丈夫・金属なのに錆びにくい『ガルバリウム鋼板』屋根の特徴~注文住宅で屋根にお悩みの方へ~ 投稿日:2021年09月30日

お家の屋根と言えばどのようなものを

想像しますか?

瓦屋根?

ストレート屋根?

それともトタン屋根?

今日はこのどれでもないガルバリウム鋼板を

使った屋根の特徴を紹介しようと思います。

|ガルバリウム鋼板とは

ガルバリウムとは、

1972年にアメリカ合衆国のベスレヘム・スチールが開発した

アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板の名称。

日本国内ではガルバと略称されることも多い。

また、ガリバリウムガルバニウムと呼称される場合もある。

Wikipedia ガルバリウム より

つまり金属の名前ではなくめっき鋼板の名称だそう。

耐久性の高い金属の板にアルミニウム55%+亜鉛43.4%+ケイ素1.6%の

割合でめっきを施しています。

|ガルバリウムの特徴

・金属なのに軽い

日本でよく使われる瓦屋根の1/6~1/10の重さしか

ありません。

軽いと何が良いのかというと、地震に強い

家になる、ということです。

それは何故かというと、屋根を軽くし、重心を下に

持ってくることで地震のときに家を支える柱や

基礎部分に負荷がかかりにくく、倒壊の恐れを防ぐためです。

地震時の倒壊の原因は屋根だけでは防げませんが、

多少なりとも関係はあるようです。

・錆びにくい

金属が使用されているとなると、錆びが気になりますよね。

けれど、ガルバリウムはめっきが金属を保護しているため

錆びにくくなっています。

・耐久性が高い

その耐久年数は25年~30年と言われています。

そのため、お家の屋根やベランダ以外でも

様々な施設に取り入れられています。

例えば、甲子園球場の銀傘。

画像参照:SHIKOKU NEWS 甲子園に新「銀傘」姿現す

それから、さいたまスーパーアリーナの屋根にも

使われているみたいです。

・コストパフォーマンスに優れている

同じような見た目のステンレスと比較すると

比較的安価ですし、軽くて丈夫で錆びにくいので

費用対効果が優れていると言えますね。

|ガルバリウムのデメリット

どんなものでも100%メリットだけ、というのは

なかなかないと思います。

こちらではデメリットを紹介します。

・断熱性が低い

金属なので熱が伝わりやすく断熱性が

低いと言われています。

しかし、こちらは断熱材や断熱性能がある

鋼板を使うと払拭されます。

・防音性が低い

薄くて硬い素材のため、屋根を雨が叩く音が

聞こえる…ということを言われているそう

ですが、こちらも断熱材や吸収材の併用で

払拭されます。

そのためあまり気にならないかと思います。

・通気性が悪い

ガルバリウムの屋根は隙間なく設置するため

結露ができやすいと言われています。

こちらは、施工時に通気層をつくることで

改善されるのでそこまで気にしなくても

大丈夫そうです。

・錆びにくいが錆びることもある

錆びに強い素材ではありますが、

絶対錆びない、ということでは

ありません。

使用する環境や施工の状況によっては

錆びることがあるので注意が

必要です。

▼ ガルバリウムが錆びやすい環境 ▼

工業地域・海浜地域・鉄道付近などは

錆びやすいと言われています。

|ガルバリウムに向いている人

シンプルでかっこいい屋根がいい人や

デザイン性の高いものを探している人。

無駄がなくシャープな印象なので

見た目にも優れています。

最近では色や形の種類も増えたので

より様々なバリエーションの中から

選ぶことができます。

・メンテナンスが心配な人

上記でも紹介しましたが、ガルバリウムは

耐久年数が長く、錆びにも強いため

メンテナンスやコストパフォーマンスに

優れています。

とはいえずっと新品のころのような

耐久力があるとも限らないので

10年に1度くらいは業者さんを呼んで

確認してもらうと安心です。

|まとめ

ガルバリウムについて色々書いてみたのですが、

いかがだったでしょうか。

ガルバリウム屋根は耐震・耐久性・デザイン性・

コストパフォーマンスに優れているというのが

お分かりいただけたかと思います。

屋根の素材にお悩みの方はぜひ

参考にしてみてくださいね。

ページ先頭へ
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:100%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:100%
ページトップへ