R+house 安芸・東広島


ブログ

ファミリークローゼットって実際どうなの?~広島・東広島注文住宅での家づくり~ 投稿日:2021年07月1日

最近2畳から3畳ほどのウォークインクローゼットなどの

ファミリークローゼットをつくるのが

ポピュラーになっていますね。

今日はそのクローゼットにまつわる話を

しようと思います。

|クローゼットの種類

□ウォークインクローゼット

人が入って動き回れるサイズのクローゼットです。

□ウォークスルークローゼット

出入り口が二つあり、通り抜けできるクローゼットです。

□シューズインクローゼット

靴を履いたままで入りできるクローゼットです。

|サイズ

例えば、大人二人子ども二人の家庭なら

3畳以上あれば片付きます。

ただし、他のスペースを削ってまで必要かどうかは

生活習慣などにもよると思うので設計士や工務店さんなどと

よく話し合わなければいけません。

|メリット

洗濯が終わった家族の洋服を1か所で収納できたり、

かさばるものやオフシーズンものもまとめて入れられるので

家事動線がスムーズになります。

また、各部屋ごとにクローゼットをつくる必要がなくなるので

スペースを有効に活用できます。

|デメリット

ある程度の広さが必要になるため、スペースを

確保しなければいけません。

また、子どもが思春期になるとクローゼットでの

着替えを嫌がったりすることもあります。

|後悔・失敗談

ここでインスタなどでも見かける、後悔と

失敗談を紹介します。

□デッドスペースができた

市販のハンガーパイプが上手に収まらず、四隅が

デッドスペースになってしまった。や、

ハンガーポールの位置がもう少し奥だったらハンガーがきれいに

並べられた、などの意見がありました。

市販のハンガーパイプだと最悪買い直せばいいですが、

設置されてしまったハンガーポールはどうしようも

ありません。

なのでかけるハンガーや洋服のサイズを予め採寸しておくと

安心です。

□鏡を取り付ける場所がなくなってしまった!

着替えもそこで行うなら鏡も取り付けておきたいところ。

しかし荷物や洋服が多すぎて結局取り付けれなかった、

なんてことも。

取り付けたい鏡のサイズや位置があるなら先に考えて

おくといいと思います。

□収納が足りない!

2畳のスペースしか取れなくて全然収納が足りなかった、

という声もあります。

4人家族の目安が3畳なので家族の人数によっては

2畳は厳しいかもしれないですね…。

しかし、そのスペースが取れれば苦労していないはず。

これはなかなか難しい問題です…。

□照明をセンサーにすればよかった

意外と消し忘れが多い照明。

最初からセンサーにしていれば意識しなくて

いいですよね。

|まとめ

最近の新築ではスタンダードになっている

ウォークインクローゼット。

便利だから取り合えず作っておこう!というよりは

家族がどんな風に生活しているかを考えた上で

どんなものがよいか考えていきましょう。

ちょっと話は変わりますが、以前間取りの話を聞く

機会がありました。

その中で、今後集合収納が必須になるといったワードがでました。

これは私の実家の場合ですが、自分が独立して家を出た後、

その部屋のクローゼットの中身って誰も触れずそのままになっています。

全部持って出るか捨てればよかったのですが、持って出る必要もないけど

捨てたくないものって結構ありますよね💦(卒業アルバムとか)

そういうとき、部屋ごとのクローゼットじゃなく

ファミリークローゼットなら管理・整理しやすいと思いませんか?

こういった意味でも、ものが集められるクローゼットは、

なるほど、便利だなぁと感じました。

これからどうしようか悩んでいる人は

よかったら参考にしてみてください。

それでは今日はこのへんで。

(梶並)

ページ先頭へ
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:100%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
【供給目標】
2025年度:100%
ページトップへ