R+house 安芸・東広島

ブログ

賢い住宅ローンの返し方~広島の注文住宅~ 投稿日:2022年05月31日

こんにちは!渡邉です☆

みなさん住宅ローンといえば35年という方が多いと思います。しかし、お家を建てる年齢などを考えると今から35年はちょっと厳しい。ローンを返済し終える年が70歳は厳しい。とお考えの方もいらっしゃいますよね?

そこで、今回は住宅ローン減税と繰り上げ返済のお話をさせていただきたいと思います。

繰り上げ返済とは?


あらかじめ決められた毎月やボーナス月の返済額とは別に、ローン返済を行うことを指します。繰り上げ返済をした金額はすべて元金の返済に充てられるため、繰り上げ返済した分の元金はもちろん、そこにかかる利息の支払いもなくなります。

例えば、35歳で返済期間35年で住宅ローンを組んだ場合、完済するのは70歳ということになりますよね。

ところが、仮に2年後、100万円の繰り上げ返済を行うと、残りの返済期間は31年11ヵ月に短縮されます。これを何度か繰り返せば、定年までに住宅ローンを完済することができるというわけです。

さらに、100万円を繰り上げ返済することで、完済までの期間が短縮されるだけでなく、利息を含めた総返済額も63万4,795円少なくなります。つまり、繰り上げ返済を行うことによって利息の削減効果もこれだけ得られるということです。

繰り上げ返済には2種類ある!!


繰り上げ返済には、「返済期間短縮型」「返済額軽減型」の2つのタイプがあります。

返済期間短縮型・・・毎月のローン返済額は変えずに残りの返済期間を短くする繰り上げ返済。

 ーこんな人に向いているー35歳で35年ローンで借入したが、定年までに住宅ローンを完済したい!

返済額軽減型・・・残りの返済期間は変わらないが、毎月のローン返済額が少なくなる繰り上げ返済。

 ーこんな人に向いているーこれから毎月の出費が増えそうだから負担を軽くしておきたい!

同じ金額を繰り上げ返済した場合、通常、返済額軽減型よりも返済期間短縮型のほうが利息の削減効果は大きくなります。ただし、どちらがよいのかはそれぞれの家計状況や繰り上げ返済の目的によるので一概には言えません。いずれのタイプの場合であっても、同じ金額を繰り上げ返済するのであれば、早期に繰り上げ返済を行うほど利息の削減効果は大きくなります。

しかしココで注意しておきたいポイントが一つ!それは住宅ローン控除についてです。

住宅ローン控除(減税)って?


「住宅ローン控除」とは、住宅ローンを利用して住まいを購入した場合に、「年末時点での住宅ローンの残高の1%」が、入居時から10年間にわたって、給与などから納めた所得税や住民税から控除される制度のことをいいます。

例えば、住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)は、住宅ローンの年末時点での残高に一定の控除率を乗じた金額を控除します。つまり、繰り上げ返済をすることでローン残高が減ると、控除が受けられる金額も減るということになります。

控除率は居住を開始した年や住宅の種類によっても異なりますが、控除率よりも住宅ローンの金利のほうが低い場合には、頑張って繰り上げ返済をするよりも住宅ローン控除を受けたほうが合理的な場合もあります。

でも一番大切なのは「無理をしない」ということ


「少しでも早く完済しなくちゃ!」「少しでも多く利息削減したい!」と考えると、貯蓄よりも繰り上げ返済を優先してしまいがちなのですが、いざというときに貯蓄が不足してしまっては元も子もありません。

無理のないペースで繰り上げ返済を行うことが大切です。

これからの人生には予期せぬ出費がつきものです。予想外に教育費が膨らんだり、車の買い替えが必要になったりした場合に、さらに教育ローンや自動車ローンなどを組むのであれば、住宅ローンの金利のほうが低いので、繰り上げ返済をせずにその分を貯蓄しておいたほうが有利といえます。

住宅ローンをお考えの皆さんは、しっかり計画した上で無理なく返済していきましょう(‘ω’)ノ

ページ先頭へ
CONTACT
TEL:082-426-6222
CONTACT
TEL:082-426-6222

ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
2021年度:100%
【供給目標】
2025年度:100%
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の取り組み
「ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標をあげます。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)の供給目標
【実績】
2019年度:15%
2020年度:75%
2021年度:100%
【供給目標】
2025年度:100%
ページトップへ