• TOP
  • 賢い土地選び

良い家づくりは良い土地選びから

良い家づくりは良い土地選びから

注文住宅を建てるにあたって、土台となる土地探しは家の設計と同じくらい大切です。「理想の間取りがあるけれど、土地の形に合わなくて建てられない」……などということがあるかもしれません。土地選びは、広さや形、方角、価格など、様々な角度から検討する必要があるのです。

実は、家づくりにとってとても重要なのになかなか難しい土地選び。私たちは、どのように良い土地を見きわめたらよいのでしょうか?

様々な角度から冷静に良い物件を選ぶには、長年土地や建物に携わってきたプロの目が必要です。広島市の「TRAP DOORS(トラップ・ドアーズ)」は、建物をつくるプロの視点から、皆様の土地選びのアドバイスを行っています。

家づくりのプロの目で土地選びをお手伝いします

家づくりのプロの目で土地選びをお手伝いします

「最寄り駅に近いから」「格安だから」……といった条件に飛びついて、極小の土地を購入してしまったり、広すぎる土地を購入してしまったりすると、家の設計に支障が出る場合があります。

そして、土地をお持ちの方の場合には、家を建てるための条件に制約があります。しかし、「好きな家が建てられない」わけではなく、「土地の特性を活かした住宅設計」によって、今の土地を最大限に活かすことを考えましょう。

当社ではお客様から、家を建てたい地域や家族構成、通勤・通学の便、ご予算などを徹底ヒアリング。それをもとに建物に合った土地情報をくまなくチェックします。条件に合う土地が見つかれば現地に出向き、周辺環境や法規制、ライフラインなどを含め確認しています。

皆様にとって理想的な間取りの家を建てるためにも、経験と実績に裏打ちされたプロの視点をご活用ください。

建築家の設計で土地選びの幅が広がります

建築家の設計で土地選びの幅が広がります

公共交通機関からの距離や、建築予算を優先するあまり、極小の土地や変形した土地しか手に入れられないことはあるでしょう。でも、購入した土地の条件によって、建てられる家は限定されてしまうのでは……と思ってしまいますよね。

ここからが建築家の出番といえます。一見して制約が多く、良い家を建てるのが難しそうでも、建築家の設計次第で、理想的な家を建てられることがあるのです。限られた予算の中で、理想的な家を建てるにも、空間をデザインする建築家の力を利用しましょう。

優れた建築家は、狭すぎるように見える土地や、形の悪い土地であっても、その土地の特性を最大限に活かした住宅設計を行っています。つまり、建築家による設計によって、良い家を手の届く価格で手に入れることができることが可能なのです。

優れた建築家VSそうでない建築家

POINT 有能な建築家 そうでない建築家
敷地対応力 土地を最大限に活かした家のご提案が可能です。これにより、土地選びの幅が広がります。 土地の形や広さに限定された設計しか行えません。このため土地選びの制約が大きくなります。
空間設計力 住む人のライフスタイルや好みに対応して、小さくても広く感じられる空間を設計します。 「何畳のリビングが必要ですか?」「子ども部屋は何室?」など、部屋の広さや数までヒアリングしてきます。これらは建築家自身が提案すべき内容です。

将来のライフプランを見据えた土地選び

将来のライフプランを見据えた土地選び

現在の家族の人数、子どもに通わせたい校区、商業施設や公共交通機関までの距離など、「今」の条件をもとに土地探しをされる方は多いことでしょう。もちろんこういった条件は土地選びに重要な要素です。しかし、それだけでよいのでしょうか?

小学校に通うのはわずか6年間のことです。そしてお子様はいずれ家から巣立っていくことが多いでしょう。その一方で家は何十年もそこに住んでいくはずの大切な資産。短期的な条件から土地を絞ってしまうと、将来、「しまった!」と後悔することもあるのです。

また、お子様の成長とともに、施主様ご自身も年齢を重ねていきます。だからこそ、10年後、20年後を見据えた土地選びを考える必要があるのです。年老いても自分たちが快適に暮らせる環境が整っているかなど、様々な視点からしっかり考えて土地を選びましょう。

TRAP DOORSでは、皆様とお話をしながら、皆様の将来のことを考えた土地探しのアドバイスを行っています。幅広いエリアからご予算に合った最適な土地を見つけてご提案しますので、お気軽にご相談ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。